データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




最年長勝利投手の最大の武器は鈍感力。同僚・岩瀬もあきれたドラゴンズ山本昌の筋金入りの”しつこさ”

9月5日、偉大なる記録が誕生した。中日ドラゴンズ・山本昌が1950年に阪急ブレーブスの浜崎真二が中継ぎでマークした最年長勝利記録(48歳4カ月)を64年ぶりに塗り替えたのだ。そんな山本昌はまさにお立ち台で発した「しつこい」を体現する投手である。

2014/09/18

text By

タグ: , , , , , ,



_MSD1824

TVゲーム『ダービースタリオン』にハマった若手時代

 9月5日のタイガース戦で、見事に最年長勝利記録を樹立した中日ドラゴンズの山本昌。試合後のお立ち台では、長く現役を続けられる理由は? という質問に、「しつこいから……」と答え、場内を沸かせた。
 照れや謙遜を含んだ、多少おどけた言葉にも聞こえるが、実はこの自己分析はかなり的を射ている。しつこい性格は、若手時代のプライベートにも見てとれた。

 山本昌といえば多趣味なことで有名だ。ラジコンの腕前は日本トップクラス。スーパーカーを何台も保有し、オオクワガタのブリーディングにトライしたこともある。さらに若手時代にゲームにはまった時期もあったそうだ。
 
 そんな昌が熱中したのが、競走馬育成シミュレーションゲーム『ダービースタリオン』。当時、そのダビスタ育成馬の全国大会が開催されたのだが、昌は、その優勝馬さえ打ち負かすスーパーホースを作り上げたという。

 簡単に説明すると、超最強馬を誕生させるためには、まず繁殖牝馬に種付けし、生まれてきた牝馬にまた種付け、という作業を繰り返さなければならない。ところが、4世代以降は牝馬の生まれる確率ガクッと下がり、500頭に1頭しか誕生しなくなるという。
 そこで山本昌は、ターボファイルという外部取り付けの記憶装置を使い、データをセーブしながら、牝馬が生まれるまで延々と種付けを繰り返した。

「生まれたら牡馬、生まれたら牡馬の繰り返し。うつらうつらしながら、テレビ画面の『牡』という漢字を見続けるんだけど、急に『牝』という字が出ると、パッと目が覚めて、すぐにセーブして……(笑)」
 最強馬誕生のためには、その交配を10代も重ねなければならないという。まさに気の遠くなる作業だ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@