データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




ドラゴンズ、上昇のカギは与四球数の減少にあり

球団史上28年ぶりの2年連続Bクラスに終わったドラゴンズ。昨年は主砲とエース、抑えが怪我で離脱しており、苦しい1年だった。その代わり、特に投手陣は若手が台頭してきたが、課題は制球力の向上。いかに無駄な四球を減らせるかが大事になる。

2015/01/11

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



_MSD1824

与四球数は、2年連続ワースト

 注目を集めた谷繁元信選手兼任監督の下、Bクラスからの巻き返しを計った昨季のドラゴンズ。最終的に結果は4位。球団史上28年ぶりの2年連続Bクラスに終わった。

 大きな勝ち越しこそなかったものの、シーズン中盤までは、ある程度計算通りに進んでいたはずだ。7月終了時点で貯金2、首位ジャイアンツと5ゲーム差。

 近年のドラゴンズは夏場以降に強さを見せていたこともあり、勝負はこれからと多くのファンが期待した。
 ところが、8月に7勝20敗と大失速。月間20敗以上を記録したのは05年8月の楽天(21敗)以来9年ぶり。セリーグでは90年8月の阪神などと並ぶワースト記録という歴史的大失速だった。

 チームトップの本塁打を放っていた和田一浩や、通算400セーブを達成した岩瀬仁紀がケガで離脱したことも確かに響いたが、失速の大きな理由として投手陣の与四球の増加があげられる。

 8月の27試合でドラゴンズ投手陣はリーグ最多の108与四球。
 次に多かったスワローズでも84与四球ということからも、ドラゴンズがいかに余計な走者を許したかがわかる。

 この与四球数の多さは、8月に限ったことではなかった。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@