データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




巨人の切り札になれるか? 亀井善行、片岡治大「崖っぷち30代野手」の来季【死亡遊戯コラム】

世代交代急務の巨人だが、巻き返しを図る上でベテラン選手の存在感は必要だ。今季怪我などもあり、不本意な成績に終わった亀井善行、片岡治大らはそれぞれの場所で役割が求められる。

2016/11/26

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



tokyod2016

野球人生の岐路

名実ともに27歳の坂本勇人がチームの顔になった。
 
巨人主力組の契約更改で、初の首位打者を獲得した坂本が1億円アップの推定3億5000万円でサイン。
同日に更改した37歳の阿部慎之助が6600万円ダウンの推定2億6000万円、34歳の内海哲也は4億円から減額制限を超える50%ダウンの2億円で陥落。
2014年には阿部6億円、内海4億円、さらに現在5000万円+出来高の杉内俊哉も年俸5億円だったことを考えると、原巨人を支えて来た主力陣のピークが過ぎ、ひとつの時代が終わりつつあることを痛感する。
今の巨人は阿部や内海の世代交代だけでなく、1軍全体がチームの過渡期にある。
V3をしていた頃は、いわば中堅の「仕事人」とも言える選手が1軍の選手層の厚さの維持に貢献していた。
亀井善行、片岡治大といったクリーンナップを前後からサポートし、時に主役をも食う実力者たちである。
そんな彼らも30代中盤を迎え、今季はそれぞれ故障にも泣かされ、満足な結果が残せなかった。
今回は野球人生の岐路に立つ男達の2016年総括と来季の起用法を考察してみよう。
 
<亀井善行 外野手/34歳/12年目>
15年 109試合 打率.272 6本塁打 35打点 8盗塁 OPS.712

16年 66試合 打率.252 3本塁打 23打点 0盗塁 OPS.641
契約更改 推定5000万円(2000万円減)
 
今年も背番号9はやはり故障に悩まされた。6月16日にコンディション不良で抹消されると、1軍復帰はペナント終盤の9月2日。
復帰後は主に「2番ライト」で起用されたが、66試合の出場に終わった。
走攻守で高いレベルを誇り歴代の監督からも重宝され、09年には25本塁打。その実力は誰もが認めるところだが、とにかく怪我が多い選手だ。
12年間のキャリアで100試合以上に出場したのはわずか3シーズン。来季はとにかく長期離脱をしないことが求められる。
現在の巨人外野で不動のレギュラーは長野久義のみ。残り2つを残留濃厚なギャレット・ジョーンズ、立岡宗一郎、橋本到らが争う。
今季62試合に出場した大田泰示は北海道日本ハムファイターズへトレード移籍。ドラフトでも外野手指名はなかった。
「手薄な外野陣」と言っても過言ではないチーム事情なだけに、亀井も万全でさえあればそれなりの出場機会を得られるだろう。
若いイメージがあったこの男も来季35歳だ。気が付けば、チームの日本人最年長外野手である。
10数年前、まだ坂本も長野も入団前、低迷していた巨人の希望はデビューしたての矢野謙次と亀井だった。
その亀井の勝負強い打撃には、今季代打率.170と壊滅的だったベンチの救世主「左の代打の切り札」としても期待がかかる。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@