データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




元ロッテ・香月良仁のプロ野球人生#1「亡き父が僕に野球を続けさせてくれた」

今季、千葉ロッテマリーンズを退団した香月良仁。自身の野球人生は、いつ途切れてもおかしくなかった。しかし運命的な野球人との出会い、さらに野球を諦めさせなかった今は亡き父の存在によって、香月はプロ野球という限られた人しかプレーできない世界に足を踏み入れることができた。

2016/11/22

text By

タグ: , , , , ,



M42rkatsuki

超えられない兄の壁

 兄の才能に嫉妬した。
 今年、千葉ロッテマリーンズを退団した香月良仁がまだ少年時代の話だ。
 幼少期から飛び抜けた才能を発揮していた1学年上の兄、香月良太(元巨人)の影に隠れている自分に劣等感を覚えていた。
 高校2年春に福岡県の柳川高校で甲子園に出場、しかしエースとしてマウンドで躍動する兄・良太とは対照的に弟・良仁は4番手投手として3塁コーチャーズボックスで試合を眺めるだけ。自分の才能のなさに嫌気さえ感じていた。

「高卒でプロ入りか」と騒がれた兄に追い付こうと必死に努力を重ねたが、球速はやっとの思いで最速126キロ。高校2年の夏にはベンチにも入れず甲子園のスタンドで兄の背中がとてつもなく遠く感じた。

 野球に関して厳しかった父がある日、優しく声をかけた。
「お前はちゃんとやれば絶対に兄のことを超えられる」
 でも、兄の才能を幼少期から嫌と言うほど見て、感じてきた良仁にとって、その言葉は素直に受け入れられるものじゃなかった。
「何言ってんだよ。嘘つき。こんな下手くそなのに何を根拠に言ってんだ」
 心の中でそう呟いていた。

 上位指名でなければプロ入りはしないと決めた兄は、社会人野球の東芝へ進んだ。
 その一方で弟の良仁は、野球を続けるのは高校までと決めていた。
「アニキは間違いなく数年後にプロへ行けるから、俺は別の道に進んでも……」
 父の願いは全て兄に託し、野球との決別を考えた。
 そんなとき知人を通して福岡六大学野球連盟の第一経済大学(現在の日本経済大学)で野球を続けないかと誘いを受けた。
「高校のときは名前も聞いたことがない大学でした。それで実際に行ってみたら、真面目に練習をしない人がいたり、練習にも出て来ないで休んでいるような人がいましたね」
 こんなところで野球を続けても……と思いながら半信半疑で進学をした。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@