データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




前SBの巽が出場選手中最速の148キロを計測、中継ぎで再起の可能性【BBC2016年トライアウト独自採点投手編】

プロ野球12球団合同トライアウトが12日に開催された。BBC恒例のトライアウト採点、今回は投手編。投手は3人の打者と対戦した。もっともアピールしたのはどの選手か――。

2016/11/15

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



2016合同トライアウト

 11月12日(土)、甲子園球場にてプロ野球12球団合同トライアウトが開催された。元ドラ1投手が多く参加した。
BBCではトライアウトでのパフォーマンスを主として、以下のように評価をつけさせていただいた。

A=まだ活躍できる
B=可能性あり
C=大きな変化が必要

 今年はタイプ別に分けて紹介したい。投手なら、『先発タイプ』『中継ぎ右腕・モップアップ』『左腕中継ぎ、ワンポイント』という風にである。もちろん紹介順はランキングだ。

先発ローテーション

川満寛弥(ロッテ)
 
採点B 投ゴロ 一直 見逃し三振
評 あまり類を見ないタイプのカーブを投げる。一芸に秀でたピッチャーといえる。使いようはまだまだあるし、先発ローテーションの可能性まで見えてくる。体の状態次第だけはチェックしたい。左腕先発候補としてメジャースカウトも注目した。

 

西川健太郎(中日)
 
採点B 結果 空振り三振 中飛 右飛
評 高校時代、石川県では釜田佳直(楽天)と双璧と言われた逸材。将来性は勝ると言われただけに、彼の伸び悩みは残念だ。スリークオーターからオーバースローに戻したばかりにしてはキレのいいストレートを投げていた。変化球が少なかった分、評価する要素が少ない。まだ若いというのを加味すれば、拾う球団があってもおかしくない。

 

新垣渚(ヤクルト)
 
採点B 結果 二ゴロ、二ゴロ 二直
評 松坂世代の注目選手の一人。過去のイメージで見れば、スピードが物足りないものの、その見方を捨ててゲームメイクを求めれば、ローテーションの1枚に数えられる。力は落ちてもピッチングセンスは健在だ。

 

寺田哲也(ヤクルト)
 
採点B 結果 空振り三振、空振り三振、空振り三振 
評 トライアウトの1番手に登場。いきなりの3者連続三振は見事だった。ストレートの最速は138キロと圧する球ではなく、打者がやや雰囲気に飲まれたかもしれないだけに、評価は上がり切らなかった。

 

川崎貴弘(中日)
 
採点C 二ゴロ 一ゴロ 見逃し三振
評 187センチ85キロの恵まれた体格がありながら、ストレート135キロは物足りない。球速の割には圧があるので、まだわずかな可能性を残す。身体がいいだけにもったいない素材の一人。こういうタイプを育てきれないNPBの体質に疑問を感じる。

 

佐村・トラヴィス・幹久(阪神)
 
採点C 結果 空振り三振 二ゴロ 遊ゴロ
評 ボールの角度は出色。手が長くて球持ちもいい。球速が出ないのが課題だが、彼特有のボールの角度を生かしたいところだ。彼を育成する自信のあるピッチングコーチに出会いたい。

 

岩本輝(阪神)
 
採点C 結果 四球 空振り三振 中越え二塁打
評 一時は1軍で頭角を現すなど活躍しつつあり期待もあったが、すべてのボールに切れがなかった。制球もアバウトで、この日唯一の長打を浴びた。再契約は難しい。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@