データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




即戦力として獲得した田中正義。ホークス、明確だったドラフトのビジョン

福岡ソフトバンクホークスは、今年のドラフト1巡目に田中正義を引き当てた。この2年と違い、即戦力として先発ローテーション入りが期待される。

2016/11/17

text By

photo

高木遊

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



田中正義(創価大)2016秋大

即戦力として期待がかかる田中

 豊作と言われた今年のドラフト会議。5球団競合の末、創価大学の田中正義投手の交渉権を獲得したのは福岡ソフトバンクホークスだった。抽選を行った工藤公康監督は、利き手とは逆の右手で2番目に引き、見事に当たりを引き抜いた。「戦力として考えているので、開幕投手を目指すくらいの気持ちで頑張ってほしい」との期待を込めた。さらに「正義くんのストレートが早く目の前で見たいです。待っています!」と興奮気味に語りかけた。

 田中は186センチの長身から投げ下ろす最速156キロの直球が魅力の今ドラフトの目玉となった本格派右腕。大学日本代表とNPBの若手選抜チームが対戦した試合では二番手として登板し、自慢の速球に変化球を織り交ぜ、7連続三振を奪った逸材だ。

 抽選を終えソフトバンクが交渉権を獲得したのを見ると、田中はホッとしたのか笑みを浮かべた。「(開幕投手と言われて)ハードルが高いとは思うけど、それを目指して頑張ります」とプロ入りへの決意を語った。

 2巡目以降は3人の高校生を指名した。2巡目は150キロ超の直球とスライダーを武器にする左腕・古谷優人投手(江陵高)。夏の地区大会では8者連続を含む1試合20個の三振を奪う快投を見せた。3巡目は地元九州・熊本県にある秀岳館高の九鬼隆平捕手。強肩強打を活かして、将来の正捕手の座を狙う。俊足を武器とする4巡目の三森大貴内野手(青森山田高)は大型遊撃手として、4年連続ゴールデングラブ賞を獲得した今宮健太を脅かす存在になれるか注目される。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@