データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




辻内崇伸、ドラフト1位の肖像――「ジャイアンツに行きたいというよりも、関西から出たかった」【連載第3回】

かつて「ドラフト1位」でプロに入団した選手1人の野球人生をクローズアップする。華やかな世界として脚光を浴びる一方で、現役生活では「ドラフト1位」という肩書に苦悩し、厳しさも味わった。その選手にとって、果たしてプロ野球という世界はどのようなものだったのだろうか。

2016/10/26

text By

タグ: , , , , , ,



辻内3

1番の希望はプロだったが……

 大阪桐蔭高校の辻内崇伸が、プロ野球球団のスカウトの視線を強く意識するようになったのは、高校3年生の夏前のことだった。

「新聞記者の人がスカウト来ているという話を教えてくれました。でも、誰を見に来ているかわからないじゃないですか? 平田(良介)も中田(翔)もいるし。自分は(球の)スピードが速いだけ。平田のようにホームランを量産しているわけでもない。中田はバッターでもいいけど、ピッチャーもいい。誰を見に来ているのは、スカウトの人しかわからない」

 辻内はあくまでも控えめだった。

「だいたい分かるんです。今日は平田(見に来ている)やな、今日は中田やなという風に。たまに記者の方が、〝辻内君、今日スピード出ていたってスカウトの人が言っていた〟とか言われることもありました。それで自分の名前が新聞に出たり。それで自分を自信づけていました」

 高校3年のとき、夏の甲子園で辻内は150キロを超える速球を記録し、19奪三振という大会最多記録に並んだ。球が速い上に貴重な左腕。辻内は、秋に行われるドラフトの注目選手となった。それでも彼は自分に自信が持てなかったという。

「球が速いだけ。スピードがなかったら取り柄がない。そんなんでプロ行けるのかなというのがありました」
 もちろん、プロ野球に進むことは彼の夢である。

「1番の希望はプロでした。プロから指名されんかったら、普通に働こうかなと思っていました」

スポンサードリンク

1 2 3 4

shiro





@