データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【日本シリーズ第2戦】広島、2連勝。”足”前面のアスリート野球で着実に加点

23日に日本シリーズ第2戦がマツダスタジアムで行われた。広島が5-1で2連勝を飾った。第3戦は25日札幌ドームにて行われる。

2016/10/23

text By

タグ: , , ,



6061-5720160613_CvsL00337のコピー

”足”で先制した広島

 23日日本シリーズ第2戦がマツダスタジアムで行われ、初戦同様に広島が5-1で2連勝を飾った。

 広島の先発・野村は立ち上がり、1死から2番の中島に左中間二塁打、その後2死1、2塁とするが、5番・レアードを右飛に打ち取り無失点に抑える。

 日本ハムの先発・増井も1回、2番・菊池に二塁打を許すと、3番・丸には四球、暴投もあわさって1死1、3塁に。続く4番・松山の打球を右翼手・近藤がうまく捕球すると同時に3塁走者の菊池がタッチアップ。近藤は本塁へ好返球、菊池を刺す。増井は味方の好守に助けられ、無失点で切り抜けた。

 両者とも1回はチャンスを作りながら、得点につなげられなかった。

 先制したのは広島。
 2回、1死から6番・エルドレッドが左前安打で出塁すると、続く7番の小窪の打球は右中間を深々と破る。すると、1塁走者のエルドレッドが一気に本塁へ生還する。高い走塁意識があればこそのプレー。まさに今季の広島の強さを象徴するシーンだった。

 しかし日本ハムも4回に2死1、2塁から8番・大野の打球を菊池が後逸。その間に同点に追いついた。

【次ページ】勝利へ導いた”足”

スポンサードリンク

1 2

shiro





@