データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【日本シリーズ展望】投手陣がカギに。日本ハムは先発4本柱と守護神の穴、広島は対左打者対策に注目

2016/10/22

text By

タグ: , , , , ,



mazda

打線は互角か

 2016年の日本シリーズが開幕する。
 今年はセリーグの本拠地から始まり、パリーグの本拠地へ戦いの場を移していく。両者ともリーグを制しただけあって、真の日本一決戦と楽しみは増すばかりだ。

 

 チーム構成はとても似ている。

 

 俊足好打者がそろい、4番はともに打点を稼げる日本人スラッガーが存在感を示す。ホームランバッターは、それぞれ助っ人外国人に頼るも、ひとりずつだけで巧打者が居並ぶ。

 

 1、2戦目を本拠地・マツダスタジアムで迎える広島は、1番の田中広輔、2番・菊池涼介、3番・丸佳浩が打線のカギを握る。旧来の1、2、3番コンビというよりも、それぞれが出塁、つなぎ、決める役割を果たすことができ、幅広い攻撃を仕掛けていく。還す役目を担うのが、新井貴浩・鈴木誠也・エルドレッドの3人。なかでも4年目の鈴木が打つと勢いにのる。そのほか、松山竜平や安部友裕、小窪哲也など適材適所に選手を起用していく。

 

 一方の日本ハムは、リーグ優勝のインタビューで栗山監督が「遥輝の足、翔の打点、ブランドンの一発」が打線の軸と語り、西川遥輝、中田翔、レアードが存在感を示す。その間に入る、陽岱鋼、田中賢介、近藤健介、そして、二刀流をこなす大谷翔平と打線に隙がない。右打者がやや少ないが、若い岡大海が台頭し、ベンチには矢野が控えている。

 

スポンサードリンク

1 2

shiro





@