データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




球団史上最高勝率でセ制覇した2016年広島東洋カープ。日本一になった1984年との共通点【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は、1984年のカープと、2016年のカープを比較してみた。

2016/10/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



ball_onlylogoー

2016年は球団史上最高勝率で独走V

 22日からいよいよ日本シリーズが始まる。今季の広島東洋カープ、北海道日本ハムファイターズはともに球団史上最高勝率をマークしており、投打とも充実した戦力を持つチーム同士の戦いとなる。
 25年ぶり優勝の広島は、強かった1980年代の記録を更新した。
 カープが6割以上の勝率を記録したのは5回。前回日本一に輝いた1984年のカープと、2016年のカープの主な成績を並べてみた。

カープ勝率6割以上

 いずれもリーグ優勝を果たしている。過去4回は勝率6割を記録してもペナントシリーズは接戦だったが、今季は早々にマジックを点灯させ、2位との差が過去最大の17.5ゲーム差というかつてない圧勝だった。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@