データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




2016年ドラフトの一推しは田中正義より柳裕也、高校生は今井達也より藤平尚真【小宮山悟の眼】

10月20日、2016年のドラフト会議が開催される。今年もハイレベルな選手がそろっている。

2016/10/20

text By

photo

高木遊

タグ: , , , , , , , ,



柳裕也(明治大)顔写真1

投手が充実

 10月20日に今年のドラフト会議が開催される。今年の指名候補選手たちを一言で表せば、”粒ぞろい”という表現が適当だろう。

 特に投手部門の人材が豊富で、充実している。

 田中将大やダルビッシュ有のような超大物の素材が紛れているとは言い難いが、その粒はかなり高いレベルで揃っている。近年では、広島・野村、ロッテ・藤岡、巨人・菅野(※日本ハムから1位指名されたが、入団せず)らがいた2011年と同じくらいのレベルだ。

 各球団の1位指名は、それぞれの編成方針がはっきりと表れる結果になるだろう。

 育成に重きを置く球団は高校生投手を、即戦力を欲するチームは大学生・社会人の指名を目指す。どちらに方針を定めたとしても、それに見合うだけの駒がそろっている。

 今年の夏の甲子園大会を沸かせた今井達也(作新学院高)、藤平尚真(横浜高)、寺島成輝(履正社高)、高橋昂也(花咲徳栄高)を高校BIG4と呼ぶそうだが、個人的には、その4人の中で、藤平の将来性に一番魅力を感じる。肉体的にも、彼が最も大きな伸びしろを秘めているのではないか。

 寺島、高橋の左腕2人も、普通に成長していけば、プロで通用するレベルにはなるだろう。そして残る今井についてだが、未知数な部分が多く、なんとも判断しづらい、というのが正直な意見だ。

 夏の甲子園大会で、最も輝いていたのが、優勝投手の今井だったことは間違いない。U-18アジア選手権の壮行試合として行われた大学ジャパンとの一戦での投球も、見事だった。ただ、その光は、まだ瞬間的にしか確認できていない。

 たとえば、田中将大のように、2年の時から活躍している投手が、3年の夏に今井のような投球をしたのなら、諸手を挙げてナンバー1の評価を下したいと思う。だが、今井の場合は、そこまでの実績を残してはいない。聞いたところ、甲子園大会栃木県予選での投球は、驚くようなパフォーマンスではなかったという。強く光り輝いたのは、あの甲子園の間だけだったのではないか。現段階では、そんな心配が付きまとってしまう。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@