データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【セCSファイナルステージ】広島が日本シリーズ進出に王手。苦手投手攻略の田中は、CSのMVP候補に躍り出る活躍

セリーグCSファイナルステージ第2戦は、広島東洋カープが3-0で横浜DeNAベイスターズをくだし、日本シリーズ進出に王手を掛けた。

2016/10/14

text By

タグ: , , , , , , ,



C2ktanaka

2試合連続DeNA打線を零封

 試合は前日に引き続き、広島の1、2、3番トリオが流れを作る。

 1回裏、先頭の田中広輔が右翼線二塁打で出塁すると、2番の菊池涼介が犠打を決めて1死3塁。3番の丸佳浩が1、2塁間を破る適時打を放ち1点を先制した。3回裏にも田中が四球で出塁、ワイルドピッチで二塁へ進むと、菊池がまたバントを成功させて1死3塁。続いて丸が、今度は中堅犠飛を放ち1点を追加した。

 

 その後は相手先発・三嶋一輝に抑えられるも、広島の先発・野村祐輔が隙を与えない見事なピッチングを披露した。
 野村は低めを丹念につく投球で3回までをパーフェクト。4回に一塁手・エルドレッドの失策で初めての走者を許し、2死満塁のピンチを招くも最後は倉本寿彦を1塁ゴロに抑えた。

 

 野村は6回までを被安打3、1四球、無失点に抑えてブルペン陣にバトンを繋いだ。

 

 8回裏に、1番・田中が右翼スタンドに飛び込む貴重な勝ち越し弾。
 3-0とすると、野村の後を継いだ今村猛、ジャクソン、中崎翔太が無失点リレー。2試合連続でDeNA打線を零封し、日本シリーズ進出へあと1勝に迫った。

 

スポンサードリンク

1 2

shiro





@