データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【パ・CSファイナルステージ】栗山采配的中!日本ハムが4点差を逆転して日本シリーズ進出

パリーグクライマックスシリーズファイナルステージは北海道日本ハムが、福岡ソフトバンクを4勝2敗で破り、日本シリーズ進出を決めた。

2016/10/16

text By

タグ: , , , , , , ,



ソフトバンクが1回に4点を先取

 パリーグCSファイナルステージ第5戦は、北海道日本ハムが7-4でソフトバンクに逆転勝ちし、日本シリーズ進出を決めた。

 

 試合は、ソフトバンクが1回に4点を先取して幕が開けた。
 1回表、先頭の中村晃が左翼前安打で出塁、2番・今宮健太の犠打で二進のあと、3番・柳田悠岐の投手ゴロを日本ハムの先発・加藤貴之がジャックルして、1死1、3塁。4番の内川聖一が四球で歩いて満塁の好機を作る。

 5番・長谷川勇也の遊撃ゴロの間に1点を先制すると、続く松田宣浩が左翼スタンドに呼び込む3点本塁打。4-0と大きくリードした。

 

 ソフトバンクペースになるのかと思われたが、ここから日本ハム・栗山英樹の采配が冴える。

 

 まず、2回表に、先発の加藤を諦め、バースを投入。流れを止めに掛かる。
 バースが2回表を3者凡退で斬ると、その裏、先頭の4番・中田翔が、ソフトバンクの先発・攝津正のシンカーを左翼スタンドに放り込み、反撃ののろしを上げる。

 

 3回裏に杉谷拳士の中前適時打でその差を縮めると、4回は、一気呵成に仕掛ける。

 先頭の中田が左翼前安打で出塁すると、1死のあと、レアード、陽が連続四球で満塁の好機をつかむと、栗山監督は正捕手の大野奨太に代打・岡大海を送って勝負に出たのだ。

 すると、岡は、2番手登板していた東浜巨のカットボールを捉えて、センターフェンス直撃の適時二塁打を放ち、2人が還って同点。続く中島卓也のスクイズを仕掛けて1点を勝ち越した。この攻撃が同点で終わらなかったのは、かなり意味があっただろう。

 

 5回には、近藤健介の適時二塁打で2点を追加。試合をぐっと引き寄せた。

スポンサードリンク

1 2
shiro