データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「栗山マジック」発動。日本ハム増井、シーズン途中救援から先発転向で成功

8月11日以降、先発を務めている北海道日本ハムファイターズの増井浩俊。8月30日現在で、先発として4度登板し、2勝1敗で1度完投している。

2016/09/01

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



F19masui_ichikawa

増井は8月から先発として結果を残している

 北海道日本ハムファイターズの増井浩俊は8月25日の千葉ロッテマリーンズ戦で、9回を投げきり、被安打5、8奪三振、自責点1でプロ入り初完投を記録した。

 増井は、昨年56試合に登板し39セーブを挙げている。防御率は1.50。チームから信頼の厚いクローザーだったが、今季は6月19日まで10セーブを挙げたものの8試合で失点し防御率6.30。6月20日に登録抹消となった。

 7月9日、栗山英樹監督は増井の先発転向を示唆、8月4日に1軍に再昇格し、千葉ロッテ戦に先発して5回を無失点に抑え、以後も好投。

 今季、クローザーとしては21試合3勝2敗10セーブ20.0回25被安打21奪三振、防御率6.30。
 一方、先発としては4試合2勝1敗28.1回19被安打25奪三振、防御率1.27。
 4日以降は先発で登板し調子を上げており、まさに鮮やかなV字回復を演じた。

 NPBに入団する投手で、最初から救援という投手はまずいない。増井も東芝から2009年にドラフト5位で入団した当初は先発投手。2010年は、13試合すべて先発で60回を投げ3勝4敗、防御率4.35だった。その後、右肩の故障もあってローテーションを維持できなかった。
 翌年にセットアッパーに転向、さらに2014年に武田久に代わってクローザーに抜擢され、今年6月19日までに通算で83セーブ122ホールドを挙げていた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@