データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




次の監督は高橋由伸なのか? 兼任打撃コーチ就任が意味する、ジャイアンツ人事異動

来季より高橋由伸が、選手兼任打撃コーチに就任すると発表された。この人事は何を意図するのだろうか?

2014/12/14

text By

タグ: , , , , ,



DSC_0009

いまだ実現しない松井秀喜氏の入閣

 セリーグ王者・巨人の面々がV旅行先のハワイで束の間の休暇を満喫している。

 今季はセリーグ3連覇を達成したものの、クライマックスシリーズのファイナルステージで2位・阪神にまさかの4連敗。少々尻切れトンボで終わってしまった感があるだけにスッキリしないところもあるが、それでも原辰徳監督やコーチ、そして主力選手たちは燦々と輝く太陽のもと思い思いにバカンスを楽しんでいるようだ。

 その巨人一行の中で、来季はこれまで以上にスタッフとの密な関係が求められるベテランの大物がいる。

 来季18年目を兼任打撃コーチとして迎えることになった高橋由伸だ。

「いい経験になるし、自分にとって勉強になる」と来年春季キャンプからスタートする兼任業務に強い意気込みを見せ、V旅行中も他のコーチ陣と一緒にゴルフをラウンドしながら意見交換を交わすなど積極的に交流する姿が目立っている。

 なるほど、この高橋兼任打撃コーチ誕生は巨人にとって確かに斬新なスタッフ人事と言えそうだ。

 しかしながら、ここにあらためてメスを入れて深く掘り下げてみると実は重要なテーマが潜んでいることを見逃してはいけない。

 巨人次期監督レースの行方だ。

 これまでネクスト・原の最有力候補として白羽の矢が立てられてきた有力OBの松井秀喜氏を差し置き、兼任打撃コーチという職を与えられることによって高橋由が「筆頭に躍り出た」との見方がもっぱらとなりつつある。

 もともと巨人は、最優先事項として松井氏入閣のレールを敷いていたはず。だからこそ松井氏には原監督のもとでコーチとして帝王学を学び、数年以内に後任の座を引き継いでもらいたい――。そういう願望が球団内に根強く存在していることについては、球団最高顧問の渡辺恒雄氏も報道陣の前で公言している。

 白石興二郎オーナーら他の球団幹部も再三に渡って松井氏に将来的な監督就任のラブコールを送り続けているが、当の本人からはここまで色よい返事がもらえていない。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@