データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




DeNA戸柱、1年目から正捕手に定着できた理由――幸運だったラミレス新監督の方針

横浜DeNAベイスターズで正捕手の座を射止めた戸柱恭孝。球団初のクライマックスシリーズに向けて、後半戦もカギを握る選手の一人だ。

2016/07/16

text By

タグ: , , , , , , , , , , ,



DB10tobashira

監督推薦で1年目からオールスター

 7月4日に発表されたオールスターゲームの監督推薦選手の中に、横浜DeNAの司令塔・戸柱恭孝の名前があった。ルーキーはファン投票で選出された髙山 俊(阪神)と二人だけという栄誉に、球団を通じて次のようなコメントを出した。

「凄くうれしいですが、一番はビックリしました。セリーグの有名なピッチャーがたくさん出場されますので、機会があれば全員のボールを受けてみたいです。ルーキーなので元気を出して頑張りたいと思います」

 近年のプロ野球では、捕手をツープラトン起用するチームが多い。先発投手との相性、打撃の調子など、様々な要素を考慮して捕手を使い分けているが、一方では辛抱強く正捕手を育てられない傾向を懸念する声もある。

 そんななか、今季のセリーグでは、前半戦終了時点で中村悠平(東京ヤクルト)の85試合に次ぐ75試合にマスクを被るなど、戸柱が「正捕手」と言っていい実績と経験を積んでいる理由はどこにあるのだろう。

 今季から横浜DeNAを率いることになったアレックス・ラミレス監督は、久しく正捕手が不在となっている状況について「捕手はレギュラーを固定し、バックアップと二人体制にするつもり」と明言。レギュラーの条件として、捕球とスローイングの正確性、本塁上の守備力を挙げ、黒羽根利規、嶺井博希、髙城俊人、戸柱の4人を春季キャンプから競争させた。そして、オープン戦に入る頃には戸柱をレギュラー、髙城をバックアップと決断する。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@