データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




西武・菊池が巨人を抑えてハーラートップトップタイ6勝。殊勲打の秋山「打点をあげるつもりで思い切り行った」

7日西武プリンスドームで行われた西武対巨人の一戦は6-2で西武が勝利した。

2016/06/07

text By

タグ: , , , , , , ,



L55秋山翔吾

4回、5回に集中打で逆転

 西武-巨人1回戦は、4回裏に金子侑と秋山翔吾の連続適時打で逆転した西武が6-2で巨人を破った。

 試合は、西武が先制する。
 2回裏、2死から9番・金子侑が四球で出塁すると盗塁を成功させる。続く秋山が左翼前安打を放つと、二走の金子侑が生還して1点を先制した。

 反撃したい巨人は4回表、坂本・長野の連続四球で好機を作ると、5番・阿部がなんと犠打を決めて、2、3塁と好機を拡大。続くクルーズが左翼適時二塁打を放ち逆転に成功した。

 主砲・阿部の犠打成功が試合の流れを呼び込んだかに見えたが、その裏、西武が反撃する。
 先頭の森の左翼前安打と相手守備のミスで一死1、3塁と好機を作ると9番・金子侑の左翼適時打で同点。さらに1番の秋山が左中間を破る2点適時二塁打を放ち勝ち越しに成功した。続く5回裏にも2点を追加した。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@