データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




上位を狙う西武の新しい試み。プロ球界初、夏場対策の秘密兵器を導入

パリーグ4位と低迷する西武が、このほど夏の暑さ対策のために、新鋭機器を導入する。

2016/06/03

text By

photo

セリスタ株式会社

タグ: , , , , , , , ,



seibuprince

サッカードイツ代表やメジャーでも導入

 交流戦以降の戦いで上位巻き返しを狙う西武にとって、重要になるのは戦力を整えることばかりではない。ポイントの一つが、夏場の西武プリンスドーム対策だ。

 7、8月に1度でも訪れたことのある人なら身にしみてわかるだろうが、完全密閉でない西武プリンスドームは冷房で温度調整しない一方、熱がこもりやすく、人工芝からの熱の反射や湿度も手伝いかなりの体感温度に感じられる。

 対戦相手には顔を真っ赤にして熱中症の症状を訴える捕手もいたくらいで、「12球団で最も過酷な環境」とも言われるほどだ。ライバル球団の選手が、「西武はこういう環境で練習しているから、若手が伸びるのかもしれない」と話していたこともある。

 しかし、ホームチームの西武はどこよりも多く酷暑の本拠地で戦うことになり、昨年夏にはオールスターをはさんで悪夢の13連敗(ホームで7敗)を喫した。疲労がたまりやすく、コンディション対策は毎年の課題となっている。

 そこで今季、アメリカから“秘密兵器”が導入された。「コア・コントロール」という、スタンフォード大学の教授が約10年の歳月をかけて開発した高速熱交換システムだ。アスリートだけでなく、軍人、消防士など運動や過酷な労働を行う者に有用だとされる。

Jason Ivester University of Arkansas

 仕組みとしては、人間の手のひらには放熱・冷却のための特殊な血管があり、ここを適度に吸引・冷却することで、運動によって上昇した体内深部の温度を急速かつ効率的に元の体温に戻すことができる。

 簡単に言えば、効果は疲労除去、ケガ予防、パフォーマンス向上だ。メジャーリーグのインディアンスやレンジャーズ、NBAやNFLの各チーム、2014年のサッカーW杯を制したドイツ代表も導入し、2015年世界陸上では男子マラソンの藤原正和、前田和浩が使用して話題になった。

 西武ではトレーナーが昨年オフに渡米し、実物を見て採用することに決めたという。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@