データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【6月2日千葉ロッテ対広島戦、BBC独自採点】セ首位にカード勝ち越し。マンオブザマッチは清田

6月2日、千葉ロッテ対広島戦は13-4で千葉ロッテが勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/06/03

text By

タグ: , , , , , , , , ,



M1kiyota

採点基準

8  シーズンに1試合あるかないかの活躍
7.5 突き抜けた活躍
7  勝利貢献度上
6.5 勝利貢献度中
6  勝利貢献度小
5.5 活躍した選手
5  可もなく不可もない
4.5 足を引っ張った
4  敗戦につながるミス
3.5 退場など試合を壊す

さらに現地取材の内容を加味します。

 

マリンガン打線爆発

 ロッテが今季最多となる19安打13得点を挙げ、セリーグ首位の広島にカード勝ち越しを決めた。

 試合は先に広島が主導権を握った。
 1回表、二死から3番・丸、4番・新井の連打で好機を作ると、5番のエルドレッドも続いて1点を先制した。
 2回表には先頭の鈴木誠也が左翼線二塁打で出塁すると、続く安部の適時二塁打で1点を追加して試合の主導権を握ったかに見えた。

 しかし、2回裏、ロッテが反撃に出る。
 一死からナバーロが四球で歩くと、7番・鈴木が右翼線に二塁打を放ち好機を拡大。2死後、9番の高濱が左翼前に落とす2点適時打で同点。さらに1番・清田がインコースの難しいストレートを叩くと、打球はライナーでスタンドを超えた。一気の反撃だった。

 そうして試合の主導権がロッテに傾くと一方的な試合展開になった。
 3回裏にも、角中の四球から4番・デスパイネの中前安打で好機を作ると、まず5番・井口のタイムリーで1点。ナバーロが四球で満塁となり、7番・鈴木がセンターの犠牲フライ、8番・江村は内野ゴロでそれぞれ1点ずつを加点。さらに高濱が左翼前に落とす適時打を放ち、この回計4点を奪った。

 ロッテは6回裏にも、角中、デスパイネの連続適時打で2点。7回表に新井の一発による反撃を受けるも、その直後に江村、高濱のタイムリーで2点。8回裏にも1点を追加し13点を挙げて圧勝した。
 投げても二木が本調子でないながらも、徐々に状態を挙げて、7回4失点でまとめた。

 試合後、ロッテ伊東監督は「内容的には大味なゲームになりそうだったんですけど、久しぶりに途中から安心して試合をみられる展開だった」と圧勝に満足そうだった。殊勲打の清田は「ホームランは(僕の前の)高濱が打って同点にしてくれていたんで、楽な気持ちで入れた。ずっと調子が悪い中でも監督が使ってくれたんで、打てて良かった」と安どの表情をうかべた。カード勝ち越しを決め、「広島を相手に勝ち越せたということはうちにも勢いがあるということだと思うので、次もみんなで束になって掛かっていきたい」と復調の兆しがみえた1番は次戦を見据えていた。
 
 採点はロッテ打線が爆発したこともあり、ロッテ野手陣の評価が高くなった。
 マンオブザマッチは決勝ホームランを放った清田を選出したが、高濱や角中の活躍も見逃せなかった。

【次ページ】<広島東洋カープ>

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@