データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




安定感のマートン、巨人戦に強いゴメス 2015年も外せないタイガースの最強助っ人コンビ

20日、セ・パ両リーグのベストナインが発表され、阪神からは鳥谷敬に加え、ゴメスとマートンの助っ人コンビが選ばれた。阪神で外国人2人が同時にベストナインに選ばれるのは初めて。タイガースにとって打の助っ人二人は来季も外せないピースだ。

2014/11/21

text By

タグ: , , , , , , ,



MSD_koshien_010

安定感抜群のバットマン

 20日、セ・パ両リーグのベストナインが発表され、阪神からは鳥谷敬に加え、ゴメスとマートンの助っ人コンビが選ばれた。

 2年連続で選ばれたマートンは外国人選手として球団史上最多の4度目。

 ゴメスは、2010年マートン以来となる来日1年目での受賞となった。同一球団に所属する2人の外国人選手がベストナインに選ばれたのは、セ・リーグ史上6度目で、阪神では史上初のことである。

miyako-8-1

 今季のマートンは、4月5日のヤクルト戦で自己最多の1試合7打点を記録すると、5月18日のDeNA戦では通算744安打目を放ち、ランディ・バースの持つ球団外国人選手通算安打記録を更新した。シーズン通算では打率.338で、来日初の首位打者に輝いた。

 マートンの特長は、長いスランプがないことだ。

 今季、連続試合無安打は3試合が最長。月別成績を見ても、最も打率が低いのは6月だが、それでも.286と極端に低い数字ではない。

 ペナントレースが終盤に差し掛かる7月以降は打率.358を記録し、チームを支えた。

 年間を通じての安定感でチームに貢献したのがマートンなら、長打力でチームを引っ張ったのがゴメスだ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@