データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




大打者との数奇な巡り合わせ、名一塁手・山本功児逝去。「いぶし銀」として存在感を発揮したプロ野球人生

巨人、ロッテでプレーし、現役引退後はロッテの監督、巨人のヘッドコーチなどを務めた山本功児氏が、23日北九州市内の自宅で肝臓がんのため死去した。64歳だった。

2016/04/24

text By

タグ: , , , , ,



ball_onlylogoー

守備固め、代打の切り札

 山本功児は、兵庫県の三田学園から法政大学、本多技研鈴鹿を経て1975年ドラフト5位で巨人に入団した。
 三田学園の1年後輩に、巨人でともに代打の切り札として活躍した淡口憲治、2年後輩に近鉄の名三塁手だった羽田耕一がいる。
 高校時代すでにスラッガーとして注目され南海からドラフト3位で指名されるが入団を拒否し、東京六大学、社会人でも強打者の一塁手として鳴らした。

 山本功児は二重の意味で「影武者」だった。

 一つは「王貞治の影武者」。
 巨人に入団した1976年、36歳の王貞治は49本塁打、123打点で2冠王。衰えの気配は全くなかった。

 24歳で入団した山本は即戦力として開幕から一軍入りし、開幕3試合目の大洋戦には代打で出場しているが、一塁守備は22試合にとどまった。
 2年目以降は外野も守るようになったが、山本の主たる役割は、代打そして王貞治が試合終盤に退いた後の一塁守備固めだった。

 2年目の77年には64回代打に起用される。これは巨人歴代4位だ。そして17安打を記録した。79年には42回起用され、38打数15安打.395と驚異的な活躍を見せた。

 同時期の巨人には、山本の他に淡口憲治、平田薫、柳田俊郎と、他球団ならばレギュラーが務まると言われた代打が揃っていた。中でも山本は通算332回代打に起用され、292打数80安打10本塁打67打点、代打率.274を記録している。
 起用回数は巨人史上6位、安打数は5位、本塁打数は4位。打点は高校の後輩淡口憲治と並ぶ2位タイ、代打率は歴代1位だった。
 しかし山本にとって「代打の切り札」は、目標ではなかっただろう。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@