データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【4月21日北海道日本ハム対埼玉西武戦、BBC独自採点】マンオブザマッチは芸術的一発を放った陽。栗山采配が光る

4月15日、北海道日本ハム対埼玉西武戦は4-3でオリックスが勝利を収めた。現地取材に基づき、この試合をベースボールチャンネル独自基準にて採点を行ってみたい。

2016/04/22

text By

タグ: , , , ,



BY6V0584のコピー

採点基準

8  シーズンに1試合あるかないかの活躍
7.5 突き抜けた活躍
7  勝利貢献度上
6.5 勝利貢献度中
6  勝利貢献度小
5.5 活躍した選手
5  可もなく不可もない
4.5 足を引っ張った
4  敗戦につながるミス
3.5 退場など試合を壊す

さらに現地取材の内容を加味します。

 

これぞプロといえる一発

 1勝1敗で迎えた第3戦は、日本ハムが4-3で西武に競り勝った。日本ハムは序盤、先発のバースが球数の少ない、かつ確実な投球を披露してゲームを作った。4回にメヒアに一発を浴びて同点とされるが7回途中まで3失点と好投を見せた。

 打線は先頭の中島が二度出塁し、二度とも盗塁を敢行。成功は1度だが、相手を脅かさす存在感を放った。4番の中田や8番大野、西川もしっかり仕事を果たした中で、マンオブザマッチは勝ち越し2点本塁打を放った陽だ。

 相手のチャンスを防いだ後の貴重な勝ち越し弾だっただけでなく、これぞプロといえる芸当を見せての一発には鳥肌が立った。采配面においては、勝負する打者の選択、継投など、すべての面において栗山監督の機転が光った。

 一方の西武は、開幕投手の菊池を中5日で先発に立てて必勝を期したが、守備のミスが重なるなど6回3失点で降板。競った試合での脆さは、采配やチームの胆力といえる。このまま、ずるずるといかないようにしたい。

 

<埼玉西武ライオンズ>

(中)秋山6.0
評 二度の四球を選び、チャンスで内野安打。できれば適時打が欲しいが、喰らいついていこうという必死さは伝わってきた。

 

(二)浅村5.0
評 初回のタイムリーエラーは痛かった。打撃面が守備面にも影響している印象だ。7回1死1、3塁の犠飛を前向きに捉えたい。

 

(左)栗山5.5
評 一時の落ち込みはあったものの、調子はずっといい。ただ、チームが彼を生かし切れていない印象だ。

 

(指)中村5.0
評 2打席目に死球を受けて、次の打席で交代した。

 

(一)メヒア6.0
評 一時は同点となる2点本塁打。弱点が大きいのか小さいのか見えにくい打者だ。おそらく、ウイークポイントのすぐ近くにストロングポイントがある。

 

(左)坂田5.0
評 チーム初安打は褒めたいが、6回、1死1、2塁のピンチで簡単に打ち上げたのは課題にしてもらいたい。

 

(捕)炭谷5.0
評 岸から本塁打を打った近藤に対しての消極さは、慎重さより臆病に映った。西武の投手陣は炭谷のメンタルに左右されている。

 

(二)鬼崎5.5
評 2点を勝ち越されて反撃したい場面の先頭打者として安打を放った。彼の精神性はチームに貴重だ。今は2番、9番あたりに置きたい選手だ。

 

(遊)金子5.0
評 失策にされても不思議ではない緩慢なプレーがあった。解題である、守備の安定感は改善されていない。

 

投手
菊池5.0 
評 初回先頭の中島を四球で出したのがすべて。味方にミスが出る要因が自身にもあることを考えるべき。

 

武隈 5.5
評 評価されていいピッチングだった。1点差に迫った中での好投は彼への信頼感を増す。

 

C.C.リー5.5
評 だいぶアジャストしてきた。中盤以降に向けて貴重なピースとなるかもしれない

 

田邊監督5.0
評 無死1塁からけがの中村に代わる代打が外崎で1点を取るためにバントをさせたにもかかわらず、2死2塁の場面で炭谷に代打を送らなかった。采配に一貫性がないように見えた。

 

<北海道日本ハムファイターズ>
(遊)中島 6.5
評 初回の先頭打者として出塁。盗塁も決めた。走者に出すと厄介だというのをバッテリーはもちろん、守備陣に植え付けた。

 

(二)田中5.0
評 可もなく不可もなくといったところか。結果はノーヒットも凡打の内容は悪くなかった。

 

(右)近藤5.5
評 第1戦に岸から本塁打を打ったのが効いているのか。バッテリーが逃げ腰なのを冷静に対処して、2四球を選んだ。3番打者として必要な存在感を持っている。

 

(一) 中田6.0
評 1安打のみだったが、守備面での貢献度が高い。2つの一ゴロは出足がものを行った好プレーだった。また1点差に詰め寄られた7回表の犠牲フライで、一塁走者の秋山を二塁で刺したのは中田の判断によるものだった。

 

(三)レアード6.0
評 1安打のみだったものの、この1安打が陽の本塁打を呼びこんだのは言うまでもない。詰まりながらの執念の一打に好評価を与えた。

 

(指)陽7.5
評 試合がどちらに転ぶかわからない中、ピンチの後の攻撃で2点本塁打を放った。難しい低めのスライダーを左中間に運んだのは見事としか言いようがない。

 

(捕)大野6.0
評 2回裏、2死からのしぶとい一打は影の好プレー。菊池が立ち直るきっかけを消したようなものだ。2打席目も粘りがあり、リード面でも申し分なかった。

 

(左)西川6.0
評 2回裏の適時三塁打に彼の能力を見た。大野と含めて、菊池を乗せなかった貴重な適時打だった。

 

<投手>
バース 6.0 
評 完璧な立ちあがり。角度のあるストレートと変化球を散りばめ、的を絞らせなかった。今日のピッチングを続けられれば、もっと勝ち星は増える。

 

宮西 5.0
評 ワンポイントのみの登板も不運な内野安打に泣いた。

 

谷元 5.0
評 宮西の後を受けて登板。犠飛を浴びたが、流れを止めた。

 

マーティン6.0(Twitter発表から訂正)
評 1奪三振含む三者凡退できっちりと抑えた。

 

増井6.5
評 「完璧」といっていい内容。全く付け入るスキを与えなかった。クローザーとしての存在感も出ていた。次の対戦にも生きる。

 

栗山監督7.0
評 カードの勝ち越しを意識した慎重な采配だった。もちろん、良い意味でのことだ。ケガをしないようにゲームを進めて勝利を奪いに行った。継投などの判断からすべてが完璧だった。

スポンサードリンク

shiro





@