データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




目下、首位打者“群馬のゴジラ”細谷圭。「万能プレイヤー」へプロ11年目の確変【ほぼ月刊マリーンズ#14】

イーグルスとの3連戦の初戦を獲って、ふたたび首位へと浮上したマリーンズ。そんなチームの好調ぶりをもっとも象徴するのが、目下、首位打者・細谷圭の存在だ。移籍の今江に代わってサードのスタメンをゲットした11年目の伏兵がみせる“確変”の真贋やいかに!

2016/04/13

text By

タグ: , , , ,



hosoya

「便利屋」を極めることで打撃に開眼!?

 プロ11年目の細谷圭が、4月12日現在、打率、安打数、長打率の各部門でそれぞれトップに立つなど、昨季の清田育宏に続く“確変”を起こしている。

 逆方向へ強い打球を飛ばすバッティング技術には入団当初から定評があったとは言え、丸10年ものあいだスーパーサブに甘んじてきた彼のブレイクは、ファンからしても想定外。今季の石垣島キャンプで、彼が外野にも挑戦する旨が報じられた際には、「これ以上、便利屋を極めてどうする」とツッコミを入れた人も、少なくなかったことだろう。

 もちろん、チームバランスを考えれば、そうした便利屋の存在は必要不可欠。いまや数えるほどしかいない貴重な高卒生えぬき選手である細谷が、同じく高卒生えぬきでファン人気だけはつねにトップクラスだった“塀ちゃん”こと塀内久雄のような便利屋スタイルを貫くのも、プロ野球選手の生きる道としてはアリではある。

 だが、そこは通算本塁打46本を誇った高校時代に“群馬のゴジラ”の異名も取ったスラッガー。キャンプ中の彼は、外野手兼任は決して“迷走”などではなく、あくまで自身の打撃を活かすためのチャレンジだとして、こうも語っていたのである。

「バッテリー以外は守れるっていう状態にしておくほうが、使ってもらえる頻度は増えると思いますし、自分の幅も広げられる。持ち味である打撃をアピールしようにも、まずは試合に出ないことには始まりませんしね。だから実際、このキャンプで僕自身が重点的に取り組んでいるのは守備よりもバッティング。いまはビデオで何度も確認しながら、タイミングを取るときのムダな動きをなくすってことに主眼を置いて、意識的にやっています」

 なお、取材したのは、彼自身がシート打撃でチーム初の柵越えを放ったその翌日。「一発目で結果が出たのはよかった」としながらも、「修正点はすでに何個かある」と冷静な自己分析も忘れなかったその真摯な姿勢が、今般の目覚ましい活躍となって、まさに実を結んでいるというわけだ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@