データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【3月29日~31日】セ・パ第2節展望

2016年3月29日~31日までの第2節、勝負のポイントはどこにあるか。

2016/03/29

text By

タグ: , ,



パ・リーグ

 

第2節 ロッテ―楽天 QVCマリン

 

開幕カードを勝ち越したロッテが楽天を迎え撃つ。ロッテは2節目のカード頭にエース格の石川を先発させられるのは大きい。2連勝を狙いたい。打線は角中、デスパイネら前節好調だった選手たちが今節も続けば勝機は上がるだろう。対する楽天はFA移籍の今江が古巣との対決で注目を浴びそうだ。昨季よりやや左足の上げ幅を変えた今江からは食らいつきたい姿勢がうかがえる。前節のソフトバンク戦では1勝1分1敗と五分で乗り切っただけに、今節も粘りを見せたいところだ。初戦先発の辛島は高卒8年目のシーズンを迎える。持っているボールはいいだけに、そろそろ左腕エースとしてチームを引っ張る存在になってもらいたい。

 

第2節 ソフトバンク―西武 ヤフオクドーム

 

前の試合を延長戦の末に制したソフトバンクはここから一気呵成に勝ち星を重ねたい。対戦相手は開幕カードを勝ち越した西武が相手だ。この初戦は、開幕戦ほどの緊迫したゲームが予想される。というのも、両者ともエース格を残しているからだ。ソフトバンクはカブスから移籍した和田毅が先発。オープン戦では無失点ともはや敵なしの様相だ。日本時代よりストレートの質が高まり、持ち前のコントロールと合わせて相当レベルが高い。今季20勝を挙げても不思議ではない。開幕カードを順調に滑り出した西武打線が、どう和田を攻略するか。一方の先発は初戦に岸が先発する。開幕投手を避け、あえてこの日にぶつけてきたが、吉と出るか凶と出るか。西武は昨季、ソフトバンク戦7勝16敗2分と大きく負け越しているだけに、この初戦がどう転ぶかは注目だ。

 


第2節 日本ハム―オリックス 札幌ドーム

 

ともに、開幕2連敗でスタートしながら、3戦目で1勝を挙げたチーム同士の対決。日本ハムは2012年MVPの左腕エース吉川を初戦の先発に立てる必勝態勢だ。昨季は2ケタ勝利を挙げているだけに、初戦で白星をつけて勢いに乗りたいところだろう。打線は前回の展望で不安要素として挙げた陽と田中のうち、田中は順調に滑り出したようだ。陽と主砲の中田がやや心配だが、ホーム開幕戦とあって爆発してくれるに違いない。一方のオリックスは開幕の2戦を采配なども要因で落としたが、初勝利を挙げて一息をついた。1番を打つルーキーの吉田正、新加入の4番・モレルが持ち味を発揮。打線はそう大きな心配はない。初戦の先発はダブルエースのひとり西が立つ。開幕カードで中継ぎ陣が不安をのぞかせただけに、西の右腕にかかる期待は大きい。

 

【次ページ】セ・リーグ

スポンサードリンク

1 2
shiro