データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




ホセ・ガルシア、巨人入りへ合意間近か? キューバ野球連盟「私たちは最高のオファーをした」

かねてより巨人が獲得に興味を示していると報じられていたホセ・アドリス・ガルシアの移籍が現実味を帯びてきた。

2016/02/21

text By

タグ: , , , ,



tokyod2016

数週間以内にまとまるとの見方

 かねてより巨人が興味を示していると噂されていた、カリビアンシリーズのキューバ代表シエゴ・デ・アビラの若手外野手ホセ・アドリス・ガルシア(23歳)のNPB行きが近いとキューバで報道されている。

 日本でも巨人の堤GMがキューバサイドとの交渉を認める報道がされているが、現地メディアの『CUBA DEBATE』や、ホセ・ガルシアの地元シエゴ・デ・アビラのメディア『INVASOR』もこの件について報じている。

En declaraciones a Cubadebate, Heriberto Suarez, titular del beisbol en Cuba, aseguro que los Gigantes aceptaron la propuesta del primer madero de los Tigres y podrian incorporarlo a su plantilla de lujo en las proximas semanas.
キューバ野球連盟コミッショナーのエリベルト・スアレス氏は「巨人は、シエゴ・デ・アビラからの基本的な条件面での提示を受け入れており、数週間のうちにホセ・ガルシアを同チームの一員に加えることができるだろう」と断言している。

“Jose Adolis es un gran muchacho, un joven talento con mucho potencial y queremos pulir sus herramientas. Creemos que hicimos la mejor propuesta, solo falta acordar los detalles del contrato. Quizas en los proximos dias se puedan hacer el anuncio oficial”, dijo Suarez.
「ホセ・アドリスは素晴らしい青年で、大きなポテンシャルを持った若手選手だ。我々は彼の才能が磨かれることを願っている。私たちは最高のオファーをしたと思っており、あとは契約の詳細な部分に合意するだけである」とスアレス氏は話す。

 先日(2月1日~2月7日)のカリビアンシリーズでは、キューバ代表は1勝4敗と不甲斐ない成績に終わった。
 ホセ・ガルシア自身は全5試合にスタメン出場し打率.217(23打数5安打)とインパクトのある数字は残せなかったが、唯一の勝利となった対ドミニカ共和国戦では決勝打を放ち、守備でも補殺やダイナミックなプレーを見せるなど、大器の片鱗を見せた。

 2011年にキューバから亡命し、MLBでプレーする8歳違いの実兄アドニス・ガルシアも、ベネズエラ代表ティグレス・デ・アラグアの一員として同大会に参加しており、兄弟5年ぶりの再会を果たしている。

 キューバ人選手としては初のケースとなる兄弟別チームでのシリーズをプレーするということでもホセ・ガルシアは各国報道陣の注目を浴びていた。

 2月2日の囲み取材の中では、日本球界でのプレーに興味を示す発言もしており、早くもその夢が実現へと近づいている模様だ。

スポンサードリンク

1 2

shiro