データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




中田翔の打点王の背景に俊足3人組のアシストあり!【2014年タイトルホルダー 打点王編】

2014年の打点王を獲得したのは阪神のゴメスと、日本ハムの中田翔だ。それぞれの個人の成績を振り返ると記録の価値や、チームの状況にどう影響を及ぼしたのかまで見えてくる。特に中田翔の場合は、上位を打った俊足三人によるアシストも大きい。

2014/11/06

text By

タグ: , , , ,



172309757

阪神では初となる来日1年目での打点王受賞

 セ・リーグの打点王は109打点で阪神のゴメスが獲得した。
 得点源になる中軸の獲得は今シーズンの阪神の補強ポイントのひとつだった。ゴメスが加入したことで、昨シーズン、4番を任されていたマートン、鳥谷敬が前後を打つことになり、打線に厚みが増した。

 阪神の個人打点トップ3はゴメスと84打点のマートン、73打点の鳥谷と主にクリーンアップを打っていた3人で、チーム打点に占める割合は実に47.2%になった。上位がチャンスをつくり、中軸が還すという、作戦の教本のような攻撃を今シーズンの阪神はしていた。

ishikawa-8-1

 この打線の役割分担がゴメスの打点王獲得にも有利に働いたと見ていいだろう。

 今でこそ日本シリーズ進出の立役者ともいえるゴメスだが、夫人の出産立会いでチームへの合流が遅れたこともあり、キャンプからオープン戦にかけては、調整不足が不安視されていた。しかし開幕戦から4打数2安打2打点と好スタートを切り、3・4月は33打点をマークした。

ishikawa-8-2

 交流戦に入って調子を落とし、エルドレッドに先行されたが、リーグ戦再開後から安定した打撃が戻った。5月以降、1試合4打点以上はなく、1試合3打点も7試合(3・4月4試合で年間計11試合)と爆発的に打点を稼ぐことはなかったが、月間10打点台後半をキープ。

 7月終えてエルドレットとは12点差あったが、ライバルの不振を横目に打点を積み重ね、8月を終えた時点で91打点で並んだ。9・10月は18打点、復調したエルドレッドも13打点を叩き出したが振り切った。

ishikawa-8-3

 ゴメスは来日1年目での初タイトル。来日初年度に打点王を獲得した助っ人は7人目、阪神では初めてとなる。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@