データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




機動力の立岡?長打力の大田? 巨人、20代正外野手の台頭に期待【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

ブログ「野球の記録で話したい」を運営中で『プロ野球解説者を解説する』(イーストプレス刊)の著者でもある広尾晃氏。当WEBサイトでは、MLBとNPBの記録をテーマに、週2回、野球ファンがいつもと違う視点で野球を楽しめるコラムを提供していく。今回は特に巨人の外野陣についてだ。

2016/01/29

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



tokyod

セはチームの柱となる選手が外野に不在

 プロ野球の外野手には大前提として守備力が求められる。守備範囲の広さ、肩の強さなども当然必要だ。しかしチームにとってはそれに加えて、打撃面で貢献してくれる選手ならば、なお重宝される。

 昨年のセリーグの外野陣の数字はあまり芳しくなかった。
 セ6球団の外野での出場試合数上位5人の打撃成績をまとめた。OPSは、出塁率と長打率の合計。攻撃の総合的な指標。
セ表
 パリーグではトリプル3の柳田悠岐、最多安打記録の秋山翔吾、清田育宏、中村晃と打撃5傑のうち、4人が外野手。一方、セは筒香嘉智だけ。チームの主軸となる外野手が少なかった。
 この表でもそれがうかがえる。
 強打の基準であるOPS.750超えは、DeNAだけ。DeNAは、筒香の他に梶谷も規定打席に達している。年齢も若く、セでは最も元気な外野陣と言えよう。
 優勝したヤクルトはOPSでは最下位。ヤクルトの主軸打者は内野に固まっていた。

 2015年の巨人はチーム打率がセリーグ最下位で、打線の弱体化が目立った。
 外野陣の成績を振り返っても物足りない。平均年齢は2番目に高く、打点は一番少ない。規定打席に達したのは長野久義一人だけでレギュラー陣を固定できなかった。巨人にとって覇権奪還のためには「外野の強化」も重要な課題だろう。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@