データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「いつか背番号5を」オリックス西野、平野恵一の言葉を胸に完全復活へ【どら増田のオリ熱コラム #65】

オリックスの西野真弘が11日神戸市内でトークショーを行った。このようなイベントを行うのは初めてということもあり、今まで語られることがなかった話も飛び出した。今回はイベント終了後の話も含めてトークショーの模様をお伝えしたい。

2016/01/24

text By

タグ: , , , , ,



DSC_0455

今年の目撃は全試合出場

「絶対に俺を超えろよと言われました」

 500人集まった自身初のトークショーイベントで「引退された平野恵一さんに何か声をかけられましたか?」という質問に西野真弘は”平野超え”を託されたことを明らかにした。

 西野にとって平野恵一さんは入団会見で「プレースタイルを目指したい」と目標に掲げた憧れの選手だった。

 主要なポジションもセカンドで、小さな背格好、そして「繋ぐ気持ち」を持って打席に立つなど共通点が多い。平野さんからプレゼントされたという「5」の背番号が刻まれている黄色く目立つリュックは秋季キャンプでも背負って移動する姿が目撃されており、ファンから「平野さんがつけていた背番号5をつけたい気持ちはありますか?」という質問が飛ぶと迷わずに「あります!」と答えた。ただ「みんながつけてもいいよって信頼してもらえるようになったら」と付け加えるのを忘れなかった。

 トークショーでは登場曲を『Dragon Night』(SEKAI NO OWARI)にしたのは何にしようか迷っていたときに、仲が良い伏見寅威とドライブ中に車の中で流れたのを聴いて決めたことや、部屋があまり綺麗ではないことなど西野の飾り気のない素顔を隠すことなく話す姿がファンに笑顔を与えていた。

 最後に今年の目標を質問されると「全試合出場」を掲げた。プロ初シーズンとなった昨年はチームが低迷する中、開幕一軍の切符を手にすると打率.304、得点圏打率.425の大活躍で「新人王候補」という声も高かった。
 しかし7月2日の日本ハム戦で空振りをした時に右手首有鉤骨を骨折してしまう。
 大谷翔平からヒットを打った次の打席の出来事だった。そのままシーズンを棒に振ってしまっただけに西野の中では「1年間レギュラーで勝負したい」という強い気持ちがある。憧れの平野恵一さんを超えるためにも、背番号5をつけるためにも1年間レギュラーを守り続ける必要があるだろう。

DSC_0446
DSC_0464

スポンサードリンク

1 2

shiro





@