データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




キャプテンの内川も期待。ホークス・上林、1軍定着への課題

ホークスの厳しい外野手争いに、3年目の若鷹が加わる。昨年2軍で首位打者に輝き、1軍でも鮮烈なデビューを果たした上林誠知だ。

2016/01/14

text By

タグ: , , , , , , , , ,



yfokd

多くの課題が見つかった収穫ある1年

 2016年シーズン、三連覇を狙う常勝チームの中で新たなレギュラー争いが繰り広げられる。

 外野手のレギュラーを狙うのが、3年目・上林誠知。20歳の若鷹はストイックに汗を流し、春を待つ。

「冷静に燃えるタイプ」。自身をこう表現する。

 確かに20歳にしては落ち着いた振る舞いで、独特の空気感を持っている。
 このオフも内川聖一とともに自主トレを行っている。

 その内川から、昨年ウエスタン・リーグでタイトルを獲得し報告した際に「これからは打って当たり前だと思われる。自覚を持った行動をしないと駄目だ」と祝辞を受け取った。意識の持ち方が成長を促すことに気付かされた。

 昨シーズン、1軍出場は15試合。成績を分析するには少なすぎるが、「経験したことにより、より多くの課題が見つかった」収穫ある1年となった。

 その課題を克服し、1軍定着を目指す。

【次ページ】具体的な課題とは?

スポンサードリンク

1 2

shiro