データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




千葉ロッテマリーンズ、2016年のチームスローガン「翔破 ~熱き心で!~」に

千葉ロッテマリーンズが、2016年のチームスローガンを発表した。

2016/01/01

text By

photo

千葉ロッテマリーンズ

タグ: , , , ,



20151201_0075_002

是が非でも頂点を目指す

 千葉ロッテマリーンズは、2016年のチームスローガンが「翔破 ~熱き心で!~」に決定したと発表した。

2016スローガン

「翔破」は2013年から4年連続でのチームスローガンとなる。

 伊東勤監督のコメントは以下の通り。

「2016年は、是が非でも頂点を目指す!そんな思いをチームスローガンに込めました。15年は多くの方に『惜しかった』と言っていただきました。ただ、私たちはAクラスに入った事で満足するわけにはいきません。16年は『惜しかった』ではなく、強い気持ちで、結果を出すつもりです。ひたすら日本一を目指します。さて、16年は若い選手が多くなります。それでも、チームに力がついてきていると感じています。その証として、15年はシーズン終盤に粘り強く、強い気持ちで戦う事が出来ました。それらの原動力となった若い力に今年は期待しています。そして本拠地・QVCマリンフィールドでの開幕から、みんなで一つになって熱い心でスタートし、いい流れを作りたいと思っております。『惜しかった』と言われるようなチームではなく、日本一という頂きだけを目指します。今年こそ2013年から掲げている『翔破』に込めた想いを、ファンの方と一緒に分かち合いと思います。熱き心で、一緒に一つになって戦いましょう!」

 千葉ロッテは、昨年シーズン終盤に粘りを見せて、クライマックスシリーズ進出。ファーストステージでは日本ハムのエース・大谷を攻略し、ファイナルステージへ勝ち上がったもののホークスに敗れた。今江やクルーズら主力選手が抜けたが、昨年のドラフトでは高卒ルーキーの平沢や、関谷ら即戦力投手の指名に成功。若き力を結集させ、日本一を目指す。

スポンサードリンク