データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




松井でも上原でもない。巨人注目の春季キャンプ、主役の座を射止めるのは誰か?

来年の宮崎春季キャンプに巨人OBの松井秀喜氏(元ヤンキースなど)と上原浩治(レッドソックス)の来訪を高橋監督が熱望しているようだ。

2016/01/02

text By

タグ: , , ,



DSC_0009

2人の大物OBの来訪はあるか?

 果たして新生ジャイアンツは来年V奪回を果たせるのか。高橋由伸新監督が指揮を執る2016年の巨人の戦いぶりには今から興味津々だが、その初陣を迎えるにあたって気になっているトピックスがある。

 来年の宮崎春季キャンプに巨人OBの松井秀喜氏(元ヤンキースなど)と上原浩治(レッドソックス)の来訪を高橋監督が主要なメディアを通じて熱望している点だ。

 言うまでもなく実現したら、とてもインパクトのある話だ。
 日米で歴史を作った2人の大物OBがキャンプで揃い踏みすれば、選手たちも偉大な両先輩から学び取る要素は確かに多いだろう。

 2人と旧知の間柄である高橋監督は当然、その考えでオファーをかけているのだろうが、一方で客観的立場のメディア側からは2人の来訪は「大きな話題になる」との声も聞こえてくる。
 しかし仮に松井氏と上原がスポットライトを浴びて主役扱いになってしまったら、春季キャンプは一体誰のための場なのかがわからなくなってしまう。

 世間からの注目や関心を集めなければいけないのは、新しい船出に臨むチームの面々。由伸監督を含めたチームスタッフ…いや、この若き新指揮官以上にやはり選手たちがこの春季キャンプの主役にならなければいけない。

スポンサードリンク

1 2