データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




戦力活用できず、4位に終わったカープ。先発陣は目処立つも勝利の方程式確立が課題【2015年通信簿】

黒田・新井が復帰し、開幕前は優勝候補ともいわれたカープは2015年、まさかのBクラスに終わった。

2015/12/25

text By

タグ: , , ,



admin-ajax

サードが固定できず

【野手3点】(最高点が5点)
 菊池・丸がチームリーダーに指名され、新時代到来のシーズンとなるはずだった。
 周囲の要求水準は高くなったが、菊池は、疲労の蓄積などもあり体調面で万全とは言えなかったものの、全力プレーとスピードを全面に押し出す姿勢を怠らなかった。

 丸も、相手投手のマークが厳しくなる中での全143試合出場は立派である。
 課題はサードであった。シーズン前半は、ベテラン梵を効果的に起用したが、後半は固定できず。ただ、来季は新打法の堂林と、新外国人ルナのポジション争いは高いレベルになりそうで、一定のメドはついたと言えよう。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@