データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




中村の劇的サヨナラ弾で、ソフトバンクが日本一に王手

日本シリーズ第4戦は延長10回、ソフトバンクの中村が阪神の守護神・呉からサヨナラ3ランホームラン。3勝1敗として、ソフトバンクが日本一に王手をかけた。

2014/10/29

text By

タグ: , , , , , ,



 ソフトバンクが日本一に王手をかけるのか。阪神がタイに戻すのか。

 迎えた第4戦、初回からソフトバンク・中田のの制球が定まらない。西岡、上本を打ち取ってから三者連続の四球。この回は福留をボール球で何とか、空振り三振に奪うも、不安定な立ち上がり。

 一方、阪神の岩田も初回につかまる。先頭打者の柳田にいきなり二塁打。まるで第3戦のハイライトを見ているかのようなスタートとなる。続く明石は送りバント。
 ここで、岩田のフィルダースチョイスでオールセーフ。内川には四球を与え、いきなりの大ピンチを迎える。
 4番の李大浩を三振で一死。しかし5番の松田に高めのストレートをレフト前に許し、今日もホークスが初回に先制点をあげる。

 2回は三者凡退におさえて、リズムに乗るかと思いきや、3回に再び中田が乱調。
 再び三者連続四球で満塁にしてしまうと、マートンがきっちりセンターへ犠牲フライ。初回チャンスで三振した福留が、センターへタイムリーで同点に追いつく。

 ソフトバンクは、3回6四球の中田をあきらめ、4回から東浜へ早々とスイッチ。東浜は4回、6回に得点圏に走者を置くが後続を落ち着いて打ち取り、打線の援護を待つ。

 初回に失点した阪神の岩田も、その後も毎回のように走者を背負うが、勝ち越し点は許さない。7回6安打、128球の粘投だった。

 両チームともリリーフ陣が踏ん張り、試合は延長戦へ突入。

 10回表、阪神はサファテから一死1、3塁の大チャンスで、バッターは4番のゴメス。
 この好機で踏ん張ったのはサファテ。ゴメスを三塁併殺打で絶体絶命のピンチを切り抜けた。

 ピンチのあとにチャンスあり――。10回裏は、阪神は9回からリリーフした安藤が続投する。先頭の明石を四球で許すと、一死後、李大浩の途中交代で出場した本多が送りバント。これを捕手・藤井は2塁へ送球。判定は赤石の足が勝り、セーフ。この日2回目の痛恨のフィルダースチョイスでピンチを広げてしまう。

 阪神はこの場面で守護神の呉を投入。松田をおさえて6番・中村をむかえる。

 中村は、1-2からやや内角高めのボールを一閃すると、ホークスファンが待ち受けるライトスタンドへ吸い込まれた。

 劇的なサヨナラ3ランで、ソフトバンクが日本一へ王手。
 阪神は勝負どころでのフィルダースチョイスが、失点につながってしまった。

スポンサードリンク

shiro





@