データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




歴史的貧打に泣いた巨人。40歳由伸監督誕生、阿部に代わるリーダーの台頭を【2015年通信簿】

打線低迷の中、投手陣が踏ん張り何とかリーグ2位をキープした巨人。来季は名将・原監督から若き高橋由伸監督へ指揮官も交代するが、どのような采配を振るうのだろうか。

2015/12/24

text By

タグ: , , ,



DSC_0009

山口・マシソンの復調、ベテランの復活に期待

あれからもう2カ月近く経つ。

クライマックスシリーズでヤクルトに敗れた夜に原監督が辞意を表明し、高橋由伸が現役引退して即新監督就任。
あまりに電撃的な出来事にペナントレースの総括をする余裕もなくストーブリーグに突入してしまった。
2015年の巨人軍はいかに戦い、いかに敗れたのか?
今一度、原巨人最後の1年を振り返ってみよう。
なお、採点は5点満点で、最高点が5点になる。

【投手4点】
12球団トップのチーム防御率2.78、リーグ最少の443失点を記録した投手陣。
贅沢なようだが限りなく満点に近い4点といったところだろうか。
エース菅野が味方打線の無援護に苦しみながらも25試合179回を投げ防御率1.91。
新クローザーの澤村拓一は60試合に投げ、東京ドームに「筋肉コール」が鳴り響く中、36セーブを記録。
さらに新戦力組のマイコラス、ポレダ、高木勇人がそれぞれローテに定着し3人計30勝。
特にマイコラスは中盤以降エース級の働きを見せ最高勝率のタイトルを獲得。
美人妻で注目を集めたローレン夫人はグラビアデビューも果たし、夫婦ともに最高のシーズンを過ごした。
エースとクローザーが定着、新助っ人にルーキーも台頭。
リーグ屈指の陣容を誇った投手陣だったが、大きな誤算も2つあった。
まず1つ目はセットアッパー山口鉄也とマシソンが2人で計13敗を喫し、自慢の鉄壁ブルペンコンビが崩壊。
2つ目は杉内俊哉、内海哲也、大竹寛といったベテラン陣がことごとく故障や不調で戦線離脱を繰り返したこと。
原巨人のV3を支え続けた主力投手陣を襲った勤続疲労。
股関節の手術をした杉内は球界最高の4億5000万円の減俸を受け入れ、しばらくリハビリ生活。
来季で4年契約が切れ4月に34歳になる内海も選手生命を懸けた1年になるだろう。
ドラフトでは即戦力右腕の桜井俊貴(立命大)を1位指名。
他にも中継ぎで結果を残した宮国椋丞やハタチのサウスポー田口麗斗、左のセットアッパー候補の戸根千明といった有望若手投手も数多い。
監督も代わり、スタッフも代わり、チームは世代交代の真っ只中。
だからと言ってこのまま終わりじゃ寂しすぎる。2016年は今季不甲斐なかったベテラン陣の奮起に期待したい。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@