データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




育成主義を貫く日本ハムは大谷・中島ら若き選手が中心戦力に。忍耐強く魅力的な栗山野球【2015年通信簿】

クライマックスシリーズファーストステージで敗れたが、ホークスにつぐ強さで2位独走したファイターズ。忍耐力と柔軟性を兼ね備えた栗山監督の下、若き選手が順調に育ち、戦力になっている。

2015/12/28

text By

タグ: , , ,



PIC00020C

レジェンドが抜け大幅に若返るも、戦力として機能

【野手4点】
 稲葉と金子が引退、小谷野と大引が移籍したことで大幅に若返った。開幕戦でスタメンを飾った日本人選手8人は、すべて生え抜きの高卒選手。育成主義を貫くファイターズらしい布陣となった。この若い集団が未熟さを露呈することなく、安定してシーズンを戦い抜いたことは評価できる。

 大きかったのは復帰したベテラン田中が、肩の痛みを抱えながらも二塁を守り抜いたこと。これで中島がショートに収まり、二遊間が固まった。懸案とされた金子の後継者問題が、ようやく解決を見ることになった。
 一方の外野は陽の負傷離脱もあり、谷口、淺間、岡、石川、杉谷など多くの若手が起用された。「新庄、稲葉、森本」「陽、糸井、中田」と続いた鉄壁のイメージからは程遠いが、出番を与えて成長させるという球団の方針を考えれば悪くはない。

 打撃面では中田が2年連続100打点と四番の風格を身につけ、DH専任となった近藤がリーグ3位のハイアベレージを記録。粘りの2番・中島が盗塁王に輝くなど、それぞれが持ち味を発揮した。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@