データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




納得のベストナイン選出。ファイターズ野球の申し子、田中賢介・中島卓也の二遊間コンビ【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#17】

今季2位で終えたファイターズ。しかし振り返ってみればプレミア12での大谷・中田の活躍、新人王には有原が選ばれ、ベストナインでも最多選出になり、年間を通じてファイターズ戦士が高く評価されたことになる。

2015/11/29

text By

タグ: , , ,



PIC00020C

優勝逃すも、終わってみればいいことづくめ

 先日、ラジオ番組(「プレミア12」総括企画)でスポーツライターの村瀬秀信さんとご一緒して、いちばん笑ったのは「ベイスターズは試合さえなければいいチームなんですけど」という、村瀬さんの言い草だった。さすが筋金入りのホエールズ&ベイスターズファン! 本当に共感できるなぁ。

 考えてみれば我がファイターズも今季はソフトバンクの後塵を拝し、「頑張っても頑張っても追いつけない悲哀」にじっと手を見る毎日だったけれど、全日程を消化し日本シリーズが終わってみれば、プレミア12では大谷翔平がナイスピッチングだわ、中田翔は神がかりの打棒爆発だわ、いいことづくめなのだった。

 今週もベストナインと新人王が発表になって、ファイターズはセの優勝チーム・ヤクルトと並ぶ最多の4選手プラス新人王に選出され、いやぁ、何かホントすいませんという感じだ。あんなに強かったソフトバンクからは外野手部門の柳田悠岐(併せてパリーグMVPも受賞)、DH部門のイ・デホとたった2人しか選ばれていない。

 まぁ、冒頭で紹介した村瀬秀信さんの発言とは多少意味が異なるかと思うが、僕も「(自分とこの)試合がなくなったらファイターズ最高!」のウヒョウヒョ状態になってしまった。プレミア12なんて大谷は韓国打線をきりきり舞いさせてたもんなぁ。準決勝は最終回、増井浩俊がイ・デホに打たれて嫌な記憶がぶり返しかけたが、総合的に見て「うちの責任じゃないですもんねぇ」とすましていられる。「増井は普段、9回アタマから使ってもランナー出すのが『仕様』なんだから、ランナーたまったとこで出したらそりゃ失点するでしょ。小久保さんが悪いよ」とかね。「うちは頑張ったんだけど、他がダメだったからなぁ」と笑っていられる幸福感がたまらない。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@