データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




日本選手権では、ドラフト指名された社会人選手と、2015年ドラフト1位候補に注目!【横尾弘一「プロにつながる社会人野球」】

11月1日から第40回記念社会人野球日本選手権大会が開幕する。先日のドラフト会議で指名された選手も多く出場が予定しており、プロ野球ファンにとっても、自分が応援するチームに来季加入する社会人選手のプレーを見ることができる絶好の機会だ。また、すでに来年のドラフト1位候補と言われる選手が出場するチームもチェックしておきたい。

2014/10/30

text By

タグ: , , ,



172309757

ドラフト指名された24名の選手のうち、13人が日本選手権に出場予定

  今年のドラフト会議では、2名の育成を含めて24名の社会人選手が指名された。そのうち、11月1日に京セラドーム大阪で開幕する第40回記念社会人野球日本選手権大会に出場する13名を紹介しよう。

 開幕戦に登場するヤマハは、東京ヤクルト1位の左腕・竹下真吾を擁する。
 九州共立大時代は、川満寛弥(千葉ロッテ)や大瀬良大地(広島)の陰に隠れていたが、制球力を磨いて台頭。角度のあるストレートを右打者の膝元へスバッと投げ込む。

 先発でもリリーフでも安定感ある投球をできるのも大きな魅力だ。

 第2試合の日本製紙石巻で主軸を担うのは、東北楽天7位の伊東亮大。194cmの左打者は、低目のボールでもライトスタンドまで運び去るパワーを備える。
 さらに下半身を強化すれば、プロでもトップクラスのスラッガーに脱皮できるだろう。

 第3試合で強豪・トヨタ自動車と対戦する日本新薬では、横浜DeNA3位の倉本寿彦が三番に座る。横浜高、創価大で鍛えられたショートの守りは堅実で、左打ちのバッティングも確実性を磨いた。アジア競技大会でも代打本塁打を放ったように、甘いボールを長打にするパンチ力にも注目したい。

 優勝を狙って2日目の第1試合からスタートするJR東日本は、広島6位の飯田哲矢、オリックス6位の坂寄晴一、同7位の西野真弘と、今年も3選手をプロへ輩出する。

 飯田は今夏の都市対抗準々決勝で先発を任され、真っ向勝負のマウンドさばきを披露した左腕。スタミナをつけて先発ローテーション入りを目指したい。

 坂寄はカットボールなど変化球の精度を磨き、セットアップに定着すれば持ち味を発揮できる。また、西野は166cmと小柄だが、シャープなスイングから鋭い打球を左右に打ち分ける。セカンドの定位置争いに割って入れるか楽しみだ。

 第2試合のHonda鈴鹿は守屋功輝が阪神4位、土肥寛昌が東京ヤクルト6位と、右腕の二枚看板が指名された。土肥は絶妙のコントロールでゲームメイクし、守屋は持ち前のパワーピッチングで相手打線の勢いを止める。社会人への置き土産として、チームを初優勝に導きたい。

 第3試合のJR東日本東北では、東北楽天6位の加藤正志が投手陣の軸を務める。アンダーハンドから繰り出すストレートにはキレがあり、フワッと浮き上がる変化球とのコンビネーションも秀逸。渡辺俊介(元・千葉ロッテ)、牧田和久(埼玉西武)に続く存在となりたい。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@