データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




評価わかれる白根、打力アピールも守備で不安の貴規……独自採点で2015年プロ野球トライアウトを振り返る(野手編)

11月10日、「日本プロ野球12球団合同トライアウトin静岡」が草薙球場で行われ、投手34人、野手14人が参加した。昨年までは2回にわけて開催されていたが、今年はこの日1回のみ。投手は打者3人と対戦、野手は1人7打席が与えられ、各球団の編成担当、そして詰めかけた観客の前で、気持ちのこもったプレーを見せた。

2015/11/13

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



トライアウトチャンネルメインPH

 11月10日、「日本プロ野球12球団合同トライアウトin静岡」が草薙球場で行われ、投手34人、野手14人が参加した。昨年までは2回にわけて開催されていたが、今年はこの日1回のみ。投手は打者3人と対戦、野手は1人7打席が与えられ、各球団の編成担当、そして詰めかけた観客の前で、気持ちのこもったプレーを見せた。

 各選手の結果を振り返りながら、プロ野球の世界での可能性を探ってみたい。
 今回は野手編だ。

 これまでの実績というよりは、トライアウトでのパフォーマンスを主として、以下のように評価をつけさせていただいた。

A=まだ活躍できる
B=可能性あり
C=大きな変化が必要

打席勝負で持ち味を発揮しにくかった田上

1.田上健一(阪神)
採点:C
 VS.菊池 空振り三振
 VS.加藤 二ゴロ
 VS.榊原 二ゴロ
 VS.田中 遊ヒット
 VS.河野 空振り三振
 VS.藤原 空振り三振
 VS.今井 中前ヒット

スタメンというよりは、守備固めや代走で重宝されるタイプ。という点を考えると、シートバッティング中心のトライアウトの仕組みでは、アピールしづらい環境にあったのはたしか。打たなければ、なかなか目立つことができない。バッティングはゴロを転がして足を生かそうとする意識は伝わってきたが、結果にはつながらず。

2.林崎遼(西武)
採点:B
 VS.菊池  右前ヒット
 VS.加藤  中飛
 VS.森内  空振り三振
 VS.田中  一ゴロ
 VS.河野  左直
 VS.池ノ内 右越え二塁打
 VS.日高  四球
 VS.今井  空振り三振

ショートの守備、バッティングともに堅実さが光った。バリバリのレギュラーは難しいが、控えの内野手を探している球団にとっては重宝する選手かもしれない。バッティングは外のストレートを逆方向におっつけ、2本のヒットを放った。ただ、ボールになるスライダーを追いかけるシーンが何度かあり、西武時代から見られた課題は変わっていない。

3.佐藤貴規(元ヤクルト/福島)
評価=C
 VS.菊池  右中間二塁打
 VS.正田  投ゴロ
 VS.森内  中前ヒット
 VS.田中  左越え二塁打
 VS.矢地  中前二塁打
 VS.池ノ内 二ゴロ
 VS.日高  二安打

佐藤PH

3本の二塁打を放つなど、バッティングで大きくアピール。インコースに詰まって、内野ゴロになった打席が気になったが。しかし、貴規の場合は守備に大きな不安がある。スローイングに関して、「イップスが治った」という報道が出ていたが、この日のシートノックではバックセカンド、バックホームで、ストライク送球は一度もなし。アーム投げからの悪送球に、観客からどよめきも……。右投げ左打ちのアベレージヒッター系で守りに不安があるとなると、起用する場所が難しい。

4.山本和作(オリックス)
評価=C
 VS.上園  遊ゴロ
 VS.正田  空振り三振
 VS.森内  右越二塁打
 VS.加賀美 中飛
 VS.矢地  三ゴロ
 VS.池ノ内 左前ヒット
 VS.日高  遊ゴロ

指2本ほどバットを短く持って、コンパクトに振り抜く。芯でとらえる技術に関しては、トライアウト組のなかでも上位にいた。しかし、突き抜けた武器が何かと考えると、もっと強いアピールがほしかった。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@