データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




2014年ドラフト総括「識者はこう見る!」~大学生・高校生編

10月23日、「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が都内で行われ、105名の選手がプロの門を叩いた。有原航平(早大)や安楽智大(済美高)、高橋光成(前橋育英)など注目選手に話題が集まった今年のドラフトだが、見るべきポイントはいくつもある。下位指名で活躍や大化けが期待できる選手は? 2回目は大学、高校編だ。大学野球を中心としたアマチュア野球に造詣の深いスポーツライター高木遊氏と、高校野球を中心に徹底した現場主義で取材を重ねるスポーツジャーナリスト、田尻賢誉氏それぞれに今ドラフトを総括してもらった。

2014/10/26

text By

タグ: , , ,



172309757

大学生編〜高木遊氏 「スカウトの目を信頼した広島が上位で好素材を指名」

 大学生という観点から見れば、広島が総合的に素晴らしい指名をしたと思います。1位の野間峻祥(外・中部学院大)は逆方向にも強く打てる左打者。もう少し引っ張る意識も必要だと感じますが、足と守備を含めて即戦力であることは間違いありません。非常に躍動感のある選手です。

 2位に指名した薮田和樹(投・亜細亜大)は、特にストレートにおいては、有原航平にも引けを取らないほど素晴らしい素質の持ち主です。大学時代はケガなどもあり、実戦経験が少なく心身の強さが課題ですが、現在は怪我もしていませんし、「未完の大器」といえます。

 素材で言えば大学ナンバーワン野手と、大学ナンバーワン投手に匹敵するほどの直球を持つ投手を同時に獲得した広島は、スカウトの目を信頼している印象を受けました。チームによっては売り込めるだけの価値のある材料や要素が少ないと、トップからのゴーサインが出ない球団もあると聞きます。

 その意味で、広島はスカウティングに自信を持っていて、実績の少ない薮田を2位で獲る英断ができたのではないでしょうか。

 また、高校生、社会人を含めて指名のバランスがいいと思います。そのうえで、有原の指名からも逃げなかった。外したときのシミユレーションもしっかりできていたと証拠だと思います。

 日本ハムが交渉権を獲得した有原航平(投・早稲田大)は、多くのスカウトから「ナンバーワン」という評価を得ていました。今年は1位にふさわしい選手が12人いないと言われており、抽選で外れたときのリスクを考えて4球団の指名になったと思われます。

 ストレートはもちろん、変化球も同じフォームから何種類も投げられるのが強み。器用貧乏にならず、持ち前の直球を生かしてほしいと思います。大学時代はエースとなってから優勝経験がないので、欲を言えば勝ち切れる力を身につけてほしいところです。

スポンサードリンク

1 2 3 4

shiro





@