データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




埼玉西武ライオンズは、2014年新人選手選択会議(ドラフト会議)の1巡目に前橋育英高の高橋光成選手を単独指名

埼玉西武ライオンズは、2014年新人選手選択会議(ドラフト会議)の1巡目に前橋育英高の高橋光成選手を単独指名、交渉権を獲得した。

2014/10/23

text By

photo

baseballchannnel

タグ: , , , , ,



DSC_0463[1]

埼玉西武ライオンズは、2014年新人選手選択会議(ドラフト会議)の1巡目に前橋育英高の高橋光成選手を単独指名、交渉権を獲得した。

DSC_0456[3]

DSC_0450[1]

DSC_0332[1]

DSC_0419[1]
DSC_0253[1]
2012年の夏の甲子園では2年生エースながら、全国制覇を経験。長身から繰り出すMAX149km/hのストレートが武器だ。

埼玉西武は、ドラフト会議前に高橋光成選手の1位指名を公表してきた。渡辺SDは前橋工業出身。本人も小さい頃に両親に連れられ、西武ドームで野球観戦をするなど、埼玉西武には少なからず縁を感じていただけに、埼玉西武からの指名の瞬間、思わず表情に笑みがこぼれた。

親近感のあった球団に単独指名となった高橋光成は、指名後の記者会見で、

 「西武が指名すると思っていたが、それまではわからなかったのでほっとしています。1年目はしっかりと体を作り、終盤に1軍で登板できるようにしたい。ストレートで勝負できる投手になることが目標です」と抱負を述べた。

高橋光成投手

「西武が指名すると思っていたが、それまではわからなかったのでほっとしています。小学生のころに両親と西武ドームに試合を見に行っていた。夏の甲子園で優勝して、プロ野球に行きたいと強く思うようになった。今年はケガもあったり、結果が出なかったので(プロに行けるか)不安に感じる時もあったが、夏に日本代表に選ばれたので大丈夫かなと思えた。プロ野球は厳しい世界だが、トレーニングして通用する選手になりたい。プロでやれる自信は少しあります。大谷翔平投手のような、将来は球界を代表する選手になりたいです」

荒井直樹監督

「プロで10年活躍できる選手はほんのわずか。息の長い選手になってもらいたい。今年投げられない時期があった分、精神面で成長したと思います。ポテンシャルは十分にあるし、プロに入ってもまだまだ伸びるはず。当時、利根中の練習で大きな選手がいるなと、そこで光成に出会って、まさかここまでの選手に成長するとは思ってもいなかった。今後は監督と選手の関係ではなくなり、一人の高橋光成選手のファンとして試合を見に行くなどして、応援していきたいです」

スポンサードリンク

shiro





@