データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




夢采配の難しさ――「二刀流」封印で、投手としての物語をつくった2015年の大谷翔平【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#14】

1年目から二刀流として大きな話題になったが、2015年の大谷は投手としての才能を開花させたといっていいだろう。

2015/10/17

text By

タグ: , , , , ,



大谷日ハムユニ(ロゴ入り)

3年目、大谷は投手として才能開花

 ファイターズの2015年シーズンが終了した。読者の皆さん、おつかれ様でした。こちらはヤフオクドームへ乗り込む気満々、腕まくりしてるような状態だったので、クライマックスシリーズファーストステージでロッテに「下剋上」食らって、途方に暮れている。スケジュールがガラ空きだ。しょうがないから鎌倉へ行って円覚寺や明月院を見てきた。秋の古都は風情満点だが、プロ野球と違って「よっしゃー!」などと盛り上がる要素がない。

 ファーストステージは「大谷翔平が誤算だった」という言い方をする人が多い。初戦に先発し、3回途中5失点でKOされ、また第3戦では8回1死一、三塁の好機に代打出場して、空振り三振に終わっている。

 まぁ、だけど大谷も人間だもの。第1戦は中12日と登板間隔を空けた起用が失敗だったと言えるし、第3戦の代打三振は(KO負けの)挽回がしたいと打ち気にはやっていて、これも起用に疑問が残った。僕はむしろ中12日空けたら大谷君でも投球がバラバラになるんだなと安心したようなところもある。

「二刀流」は今季、封印されたのだった。

 僕は開幕直後の当コラムで「(現時点で)大谷は打者としてのほうが完成度が高い」と書いたのを覚えている。インサイドアウトの理にかなったスイングは惚れ惚れするものだ。今季も打席を多く務めればもっと数字が残せたと思う。

 が、チームは大谷を(ほぼ)投手として起用した。

 大谷もエースの迫力を身につけ、期待に応えた。試合のヤマ場では自在にギアを変え、三振を狙いにいく。去年までは見られなかった姿だ。それは「投手三冠達成」という大輪の花を咲かせる。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@