データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【2014年フェニックスリーグ通信】千葉ロッテ浮上のきっかけは、一大勢力「89年組」の奮起にあり!

今季、開幕5連敗とつまずき、4位に終わった千葉ロッテ。主将・鈴木大地を筆頭にこのチームは1989年生まれが10人おり、一大勢力となっている。その中の一人が唐川侑己だ。毎年成瀬善久に続く、右の生え抜きエースとして期待されているが、特に今年は先発でなかなか役割を果たせず、苦しい1年を過ごした。唐川のみならず来季千葉ロッテ浮上には、「89年組」の活躍が不可欠だ。

2014/10/24

text By

photo

Hideaki Ujihara

タグ: , , ,



DSCF0277

ファンも待ち望む、89年組10人の活躍

 懐かしい顔に出会った。

 千葉ロッテの背番号「51」植松優友。
 金光大阪高時代の3年夏の甲子園に出場。「中田キラー」と呼ばれ、中田翔(日本ハム)を1試合3三振を含む、13打席ノーヒットに抑えている、左腕投手である。

 一軍経験はまだなく、下でくすぶっている。
 フェニックスリーグではこうした選手に出会えるのが醍醐味である。

「あとから入ってきた選手たちが、どんどん上で活躍してチームの顔になっているので、自分も頑張らなければいけないって思いはあります。あの中に入りたい」
 
 植松はそう言った。
 高校時代から褪せることのない丁寧な言葉づかいは、相変わらずの好青年の印象である。

 実は今回、千葉ロッテの取材に来た理由の多くは、植松の言葉にある。
 というのは、現在の千葉ロッテには「89年組」と呼ばれる一大勢力がいるのだ。

 名前を挙げると、唐川侑己、藤岡貴裕、鈴木大地、益田直也の一軍定着組に加え、阿部和成、中後悠平、植松、移籍組の高濱卓也、今季入団のルーキー、吉原正平、井上晴哉である。

 高卒、大卒、社会人卒、移籍組というように入団の経緯はさまざまながら、チームの顔になる要素をもった選手がずらりと並んでいる。
 高卒1年目から早々に活躍し、出世頭とも言える唐川は「10人全員が一軍で活躍できるのが一番いい」と語っている。

 ただ、実際のところ、今季だけを言えば、鈴木、益田を除いて1軍に定着できなかったというのが正直なところだろう。

 唐川にしても、入団以来、初めてフェニックスリーグに参加することになったということは、出直しの意味合いも強い。
 唐川は言う。

「いつもより早くシーズンが終わってしまったので、来年に向けての練習をしていこうという気持ちで今年は参加しています。当然、シーズンに成績を残せなかったので、悔しい想いはありますけど、特別な想いというわけではありません。しっかりと課題を修正していきたいと思っています」

スポンサードリンク

1 2

shiro





@