データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「悔いはあるけど後悔はない」――最終回を迎えた、漫画『プロ野球選手・山本昌物語』

球界最年長、現役最多勝利の男が、ついにユニフォームを脱いだ。中日ドラゴンズ・山本昌にとって、プロ野球生活32年間とはどのようなものだったのだろうか。

2015/10/09

text By

タグ: , , , , ,



_MSD1824

悩みに悩んで下した決断

 中日ドラゴンズの山本昌が、32年間向かい続けたプロ野球のマウンドから降りることを決断した。

 50歳のプロ野球選手……。まるで漫画の主人公のような存在だった。ただ、その漫画『プロ野球選手・山本昌物語』も、ついに最終回を迎えたわけだ。

 いよいよこの時がきたか。
 なんだかもったいないな。
 このニュースを耳にした時、そんな想いが錯綜した。多くの野球ファンの胸にも、同じような想いが去来したのではないだろうか。

 もちろん、山本昌本人も、現役を続けるべきか、それとも引退するべきか、最後の最後まで悩み抜いたに違いない。その苦悩ぶりは、引退を表明した時期に表れている。

 かねて山本昌は、引退を考える目安として、「同僚の先発陣に敵わないと思った時」という条件をあげていた。そしてその決断を「8月下旬には公表したい」とも言っていた。

「球団だっていろいろイベントとか考えてくれるだろうから、その頃までには決めないと失礼だと思う」(山本昌)

 それなのに、ご存知の通り引退発表の記者会見が行われたのは9月30日のこと。ナゴヤドームでの主催試合がすべて終了した、レギュラーシーズン最終盤のタイミングだった。表明するギリギリまで、迷っていたのだ。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@