データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




名言?迷言?プロ野球を引退しても、色あせず。ファンの記憶に残る言葉

ファンからすれば寂しい話だが、プロ野球にとって、この時期は別れの季節だ。今季は特に実績を残した名選手、ファンの記憶に残るプレーヤーが続々と、ユニフォームを脱ぐ。近年引退した選手を中心に印象的な言葉のいくつかを紹介したい。

2015/10/03

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



172309757

西武の大エースが残した“自虐的”名スピーチ

 9月28日、西武プリンスドーム。埼玉西武の今季ラストホームゲームで、背番号13、ライオンズの大エース西口文也が、5回2死からプロ通算436試合目のマウンドに立った。

 ベテランの井口資仁(千葉ロッテ)を相手に、伝家の宝刀スライダーを投げ込んだが、結果は四球。しかし、プロ21年目を迎えても、全盛期と変わらない投球スタイルに、西武プリンスドームを埋めた32,988人のファンは総立ちで、ベンチへと下がる西口に惜しみない拍手を送った。
 試合終了後の引退セレモニー。ファン、チームメイト、関係者、家族、そして、この日の対戦である千葉ロッテ。それぞれに感謝の言葉を話すたびに、西口はマイクから一歩下がり、相手の方に向けて律儀に頭を下げた。

「ノーヒットノーラン未遂2回、完全試合未遂1回、そして今日は…フォアボール」
 ライオンズファンばかりでなく、多くのプロ野球ファンの記憶に残る名シーンに自虐をまぶしたコメントで、場内の笑いを誘った。

 プロ通算成績は、436試合182勝118敗6セーブ、防御率3.73。節目となる200勝にもちょうど1割足りず、いつもほんの少しだけ惜しかった名投手が残した名スピーチだった。

 西口に限らず、今季限りでの現役引退を表明した名選手は例年になく多い。

 すでに発表されている選手だけでも、関本賢太郎(阪神)、中嶋聡(日本ハム)、森本稀哲(埼玉西武)、高橋尚成(DeNA)、山本昌、谷繁元信、和田一浩、小笠原道大、朝倉健太(中日)、谷佳知、平野恵一(オリックス)、小山伸一郎、小斉祐輔、斎藤隆(楽天)。

 記録にも記憶にも残る名プレーヤーたちが、今シーズン限りでユニフォームを脱ぐ。今週末には、多くの選手の引退セレモニーが予定されており、ここでは改めて、かつての名選手たちの“引退に伴う言葉”を振り返ってみたい。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@