データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【プレミア12】近年稀に見る、強力打線へ。データから予測、日本代表選手を徹底予想【広尾晃の「ネタになる記録ばなし」】

11月に開催される「WBSC世界野球プレミア12」の侍ジャパン最終メンバーが間もなく発表となる。すでに候補選手45名が発表されているが、小久保監督はどの28名を選ぶのか、当編集部では、毎週行っている投手・野手のデータを元に28名を選んでみた。

2015/10/05

text By

タグ: , , , , ,



172309757

ttl_net-collabo

歴代屈指の強力打線を形成

 今年11月に開催される「WBSC世界野球プレミア12」の侍ジャパン最終ロースター28人が間もなく発表される。現在、すでに発表されている候補選手45人の中から、今回の戦力を分析し、最終ロースターとスタメンを予想してみたい。

 まずは野手からだ。

 9月30日までの成績をもとに安打、長打、三振、四死球、盗塁、犠打犠飛などの要素を加味したオフェンスの総合指標であるRC(Run Create)を出した。1試合1以上になればトップクラス。
 選手の年齢、ポストシーズンの有無、シーズン中の故障などをもとに消耗度をつけた。
 そのうえで、赤丸でロースター選出候補を予想した。

【捕手】
広尾様1001表1

 RCで見れば、森友哉がずば抜けているが、今季はほぼDHでの出場。捕手という視点、国際試合の経験から考えれば、堅実な嶋と伊藤光、成長著しい広島の會澤の3人と考える。

【内野手】
広尾様1001表2

 山田哲人のRCがすさまじい数字になっている。パの本塁打王中村剛也、ソフトバンク松田とRC100越えの3人は外せない。中村はDH、二塁山田、三塁は松田。
 一塁は中田翔。遊撃にはいずれも守備範囲が広い巨人の坂本、ソフトバンクの今宮が有力とみる。

【外野手】
広尾様1001表3

 こちらもすごい数字がズラリと並ぶ。柳田、秋山、筒香は外せない。さらに当たり出すと止まらない清田、選球眼が抜群で守備もよい丸。
 成績は見劣りするが国際大会の経験が豊富な内川を外野のリーダー格で選出。渋い働きをしてくれるのではないか。
 大谷翔平は野手の枠でも考慮の中に入れる。

 日本人野手で、ここまですごいスラッガーがそろうのはかつてなかったことだ。MLBの選手は出場しないので、打線としてもトップクラスではないか。野手は大谷翔平を含めて16人選んだ。

【投手】
 PR(Pitching Run)順。リーグの平均防御率よりどれだけ傑出しているかを見る指標となる。リーグの平均防御率はセが3.25、パが3.62で算出した。

・先発投手
広尾様1001表4

 20代の本格派投手が並ぶ。消耗度は今季3000球を超えて投げている藤浪(3270球)、大野雄大(3170球)、さらに40歳の黒田博樹を「大」とした。

 菅野智之、大谷翔平、前田健太、消耗度が気になるが藤浪晋太郎までの選手は固いところ。大野雄大は唯一の左腕先発として外せない。ここに西、則本、若い武田翔太を加えた。

 黒田博樹はぜひ見たいところだが、無理はさせられないのではないか。

・救援投手
広尾様1001表5

 12球団のクローザーがずらりと並んだ。松井、増井、澤村は厳しい場面を幾度も切り抜けてきた。外せないだろう。
 侍ジャパンで過去守護神も務めたロッテの西野は9月25日に左足骨折。全治6週間、出場は不可能だろう。皮肉なことに翌日には西武の高橋も右足骨折。こちらは全治2カ月と診断されている。
 今年大活躍したルーキーの山崎も夏場以降の勤続疲労が見られ、一時戦線離脱している。今は復帰しているが、難しいのではないか。
 残りは中継ぎでソフトバンクを支えた森と、さらに数字は良くないが先発、リリーフどちらにも適応でき、アンダースローの牧田も選出されると予想した。

スポンサードリンク

1 2