データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




第26週、パは十亀剣(西武)、セは山田哲人(ヤクルト) 【BBC編集部が選ぶ、NPB週間MVP第26週(9/21-9/27)】

日々データ系のコラムを配信しているベースボールチャンネルでは、今季開幕から毎週セ・パ両リーグ、投打のMVPを独自にあげていく。数値からはすべてとは言えないが、現在のチーム状況が見えてくる。また今後の展望にも、ぜひ参考にしていただければうれしい。今回は、9月21日から9月27日までの集計とする。

2015/09/28

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



172309757

熾烈な順位争いが続く

 シーズンも大詰め、タイトなスケジュールになっている。
 チーム成績から見ていく。

広尾様0928表1

 パリーグは3位の座を争う西武が5連勝、ロッテが5勝1敗。激しいつばぜり合いを繰り広げている。楽天は5敗。
 セリーグも優勝争いを演じるヤクルトと巨人が5勝1敗、それに続く阪神は7連戦で1勝6敗と急降下、広島も3勝4敗。
 リーグの平均防御率はパが3.15セは2.52と、ともに前週より大きく投高になった。

ソフトバンク・柳田が首位打者争いを一歩リード

 次に打撃成績のランキングだ。
 安打、長打、三振、四死球、盗塁、犠打犠飛などの要素を加味したオフェンスの総合指標であるRC(Run Create)順。赤字はリーグ最高。RC10傑と各部門の最高記録を持った選手。RCは1試合1を超えればトップクラス。
 パリーグから見ていく。

広尾様0928表2

 ソフトバンクの柳田悠岐が2本塁打、打率4割と調子を取り戻す。本塁打は日本ハムのレアード、西武のメヒアと浅村栄斗も2本。安打はロッテの荻野貴司が9安打。打点は浅村が7打点でトップ。打率は西武の森友哉が.467と活躍。

 栁田と首位打者争いをする西武の秋山翔吾は前週絶不調だったが、今週は打率.353と回復。しかし柳田はさらに好調で打率の差はさらに広がった。

ヤクルト・山田が各タイトル争いを独走

 続いてセリーグだ。

広尾様0928表3

 安打、本塁打、打点、盗塁、打率、RCと打撃の全ての項目を山田哲人が独占。圧倒的な数字を残す。ヤクルト快進撃の原動力となった。DeNAの筒香嘉智が4割、阪神の鳥谷敬は9安打。

 野手のMVPは、パがソフトバンクの柳田。セがヤクルトの山田でともに8回目の選出だ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@