データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




浅村流フルスイングでチームをCSへ――手ごたえをつかんだ、右中間への2塁打【中島大輔 One~この1本をクローズアップ】

パリーグは、すでにホークスとファイターズがクライマックスシリーズ進出を決めており、残り1枠をライオンズとロッテが争っている。ライオンズにとってはもう1敗もできない状況下で浅村栄斗が救った。今回は、9月22日のオリックスバファローズ戦、3回に訪れた浅村の第2打席をクローズアップする。

2015/09/25

text By

タグ: , , , , ,



浅村2

中村自身が語る、フルスイング

 7月に中村剛也にインタビューした際、興味深い話をしていたことがある。テーマは、フルスイングについてだ。

「ストレスのかからないところでボールを捉えたい」と言う中村に、「フルスイングする必要はないんですか」と聞いたときの答えが、実に深かった。

「うーん、フルスイングって難しいんですよね。めちゃくちゃ思い切り振ったのが、フルスイングなのか。軽く、でも、自分のなかでしっかり振れたのが、フルスイングなのかもわからないんですけど。フルスイングって言っても、人から見たイメージと自分のイメージは違うと思いますし」

 スイングの動作中、力をどの場面で入れていくのか。そう聞くと、中村はこう続けた。

「それも考えていないですね。勝手に力って入ると思うので。僕の場合、ホント、軽く。すべて、軽く」

 この話を改めて思い出したのが、9月22日のオリックス戦で、浅村栄斗がレフトに放った3ラン本塁打と右中間への2塁打を見たときのことだ。

 翌日のスポーツ紙が話題の中心として3ランを取り上げたように、試合を決定付けたのはこの一打だった。

 1点リードで迎えた5回、2死から栗山巧、メヒアが出塁し、浅村に打席が回ってきた。

浅村1

 相手先発の山田修義がフルカウントから6球目、チェンジアップを投じる。内角低目の難しいコースに落ちていく球を、浅村が豪快なフルスイングですくい上げた。放物線を描いた打球が、満員のライオンズファンが詰めかけた左中間スタンドに飛び込む。一挙3点を奪う本塁打で、勝利をグッとたぐり寄せた。

 だが、浅村にとって手応えをつかみとった一打ではなかった。

「たぶんもう1回打てと言われたら、打てないです」

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@