データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




日本で『ルイス化』した巨人マイコラス。メジャーから再び熱視線の理由

素晴らしい活躍を見せる巨人のマイルズ・マイコラス投手にメジャーのスカウトが目を光らせている。彼らは、マイコラスを第2の”ルイス”として期待しているようだ。

2015/09/20

text By

タグ: , , , , , ,



DSC_0009

いまやジャイアンツ先発の柱に

 Gの超優良助っ人と評していいだろう。

 巨人のマイルズ・マイコラス投手が素晴らしい活躍を遂げている。18日のヤクルト戦(神宮)で先発し、6回7安打3失点。6回には自ら追加点となる2点タイムリーを放つなど投打で奮闘し、チームトップとなる今季11勝目をマークした。

 6回にバレンティンの1号2ランを許す場面もあったもののクオリティスタート(6イニング以上、自責点3以下)の投球内容でゲームを作り、これで勝ち負けがつかなかった前回登板(9日阪神戦)をはさんでセリーグ外国人投手新記録となる自身9連勝。

 来日1年目で文句の付けようのない働きだ。

 今季開幕前のオフ、レンジャーズからアーロン・ポレダ投手とともに巨人へ移籍した。シーズン序盤はなかなか勝ち星に恵まれなかったが、5月28日の西武戦で来日初白星。6月20日の中日戦で今季3勝目を飾ると、ここから破竹の連勝街道がスタートした。

 そんな頼もしきタフネス右腕には古巣のレンジャーズをはじめ複数のメジャーリーグ球団が再び熱い視線を投げかけている。

 18日のヤクルト戦でも先発マウンドに立ったマイコラスの一挙一動を観戦するファンに混じりながら細かく入念にチェックする、メジャー球団の極東スカウトたちの姿が神宮球場のバックネット裏スタンド席で確認できたという。

 マイコラスは抜群の制球力と多彩な変化球が持ち味だ。

 しかしメジャー時代は走者を背負うとバントで揺さぶられて途端にペースを乱し、セットポジションからの投球に対する意識が強くなり過ぎてボールが甘いコースに入ってしまう傾向も指摘されていた。

 だが、そのウィークポイントも巨人入団後は改善されたようだ。マイコラス自身が多くのメディアに「巨人の宮崎スプリングトレーニング(春季キャンプ)で長い時間をかけ、実戦を想定した走者を背負う場面でのセットからの投球練習を繰り返したことが大きい。日本の練習スタイルは最初こそ戸惑ったが、慣れればこれほど緻密で合理的な練習はないと思う。自分にとって大きなステップアップにつながっている」と謙虚に語っているのは印象深い。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@