データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【2014年フェニックスリーグ通信】伊藤光選手は宮崎で変わった~フリーアナウンサー友松純さん フェニックスリーグは選手の素直な表情が見られる場所

ライターの氏原英明氏による、フェニックスリーグのレポートを4回にわたり掲載していく。皆さんは、クライマックスシリーズと同時期に行われているフェニックスリーグをご覧になったことはあるだろうか? 第1回目は近鉄・オリックス・西武とベンチリポーターを務めて12年のキャリアを誇るフリーアナウンサーの友松純さんにフェニックスリーグの面白さと魅力を教えてもらった。

2014/10/19

text By

photo

Hideaki Ujihara

タグ: , , , ,



DSCF0297

次にブレークする選手がフェニックスリーグでわかる

 この年になって、なぜ、そんなことに気付けなかったのかと後々に思い知らされることがある。

 そこにある心理は、おそらく、全てを頭で解決しようとしてしまうから、結局、次の一歩を踏み出せない、二の足を踏むのだろう。人生には、行動してこそ、分かることがあるのだ。

 今から3年ほど前、こんな声を囁いた人がいた。

「フェニックスリーグって、すごく面白いですよ。取材もしやすいですし、次にブレークする選手が見えたりもするので、ぜひ、来てみてください」

 このたび、宮崎フェニックスリーグの取材に行くことにした。

 その声の囁きに背中を押されて、若手の教育、育成の場として使われる、あるいは、復活を目指す中堅・ベテランの再出発になると言われるフェニックスリーグとは、果たして、どういうところなのか、見たくなったのだ。

 囁いた声の主は、ひとりの女性リポーターだった。
 友松純さん。プロ野球のベンチリポーターを務めて12年のキャリアを誇るフリーのアナウンサーだ。近鉄・オリックス・西武の担当を務めてきている。

DSCF0341

 普段は、プロ野球中継の合間に、選手の生の声を茶の間に伝える役を担う。ヒーローインタビューや監督会見も彼女の仕事だ。新聞や雑誌の記事とは一風違った、独特な取材を続ける敏腕リポーターである。

 友松さんは、フェニックスリーグが旗揚げした2004年から、毎年、取材を続けている。宮崎県出身ということもあって、地の利を最大限に生かせるということもあるみたいだが、それ以上に、フェニックスリーグを取材することに意義を感じているのだという。

 では、フェニックスリーグとはどんなものなのか。
 第1回目のコラムは、フェニックスリーグを熟知する友松さんに取材することにした。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@