データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




第24週、パは柳田悠岐(ソフトバンク)、セは前田健太(広島) 【BBC編集部が選ぶ、NPB週間MVP第24週(9/7-9/13)】

日々データ系のコラムを配信しているベースボールチャンネルでは、今季開幕から毎週セ・パ両リーグ、投打のMVPを独自にあげていく。数値からはすべてとは言えないが、現在のチーム状況が見えてくる。また今後の展望にも、ぜひ参考にしていただければうれしい。今回は、9月7日から9月13日までの集計とする。

2015/09/14

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



172309757

ソフトバンクが無傷の連勝で優勝M2

 そろそろチームの残り試合数にばらつきが出てきたため、週間の試合数もチームによって異なっている。
 まずはチーム成績から見ていく。

広尾様0914表1

 パリーグはソフトバンクが5勝無敗に対して2位の日本ハムは5敗を喫し、ゲーム差は1週間で5ゲーム広がった。ペナントレースの興味は3位争いに移っている。西武、ロッテともに五分の星だ。

 セリーグは引分が3試合。各チームのゲーム差が接近しているだけに、これが後々大きな意味を持ってくるだろう。広島が4連勝で上位3球団に迫っている。上位では阪神が1勝3敗で負け越し、DeNAはこの週3敗で全敗した。

 リーグの平均防御率はパが4.16と依然、打高が続く。セは2.24と大きく投高に転じた。

ソフトバンク・柳田がトリプル3に王手

 次に打撃成績のランキングだ。

 安打、長打、三振、四死球、盗塁、犠打犠飛などの要素を加味したオフェンスの総合指標であるRC(Run Create)順。赤字はリーグ最高。RC10傑と各部門の最高記録を持った選手。RCは1試合1を超えればトップクラス。
 パリーグから見ていく。

広尾様0914表2

 トリプル3を狙う柳田悠岐が絶好調だ。本塁打も3本打って30本に乗せ、トリプル3はほぼ確実というところまできている。ロッテの清田育宏が11安打、内川聖一が10打点、日本ハムの西川遥輝が2盗塁を記録した。
 柳田と首位打者争いをする秋山翔吾は、史上6人目のシーズン200本安打を達成したが、18打数5安打、打率.278と週間成績はややふるわなかった。

広島・エルドレッドがチームの勝利に貢献

 続いてセリーグだ。

広尾様0914表3

 広島のエルドレッドが3本塁打8打点の活躍。チームメイトの菊池涼介も最多の8安打を記録した。DeNAは3試合だけだったが荒波翔が.462でトップになり、盗塁は巨人の立岡宗一郎の2がトップだ。
 三冠王、トリプル3を目指す山田哲人は12打数1安打、打率.083と不振。打率1位の川端慎吾との差は.337に対して.327と1分に広がった。

 野手のMVPは、パがソフトバンクの柳田で7回目の選出。セは広島のエルドレッドとする。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@